大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

訪問鍼灸治療|医療保険適応可能

f:id:oosakatoyomedicine:20181216110052j:plain

訪問鍼灸治療

 厚生労働省認可の証東洋医学治療センターは、外出が困難な方のご自宅を訪問して鍼灸治療を行っております。訪問鍼灸には医師の同意書(診断書)があれば健康保険の適用可能です。お気軽にご相談ください。

鍼灸治療は誰が行っても同じというものではありません。当院では患者様の状況を把握し、お身体の状況に合わせた鍼灸治療メニューを考え施術を行うことで症状の改善をサポートいたします。

 

保険適応の鍼灸治療適応疾患

 ・脳梗塞後遺症があり外出が困難

 ・パーキンソン病で外出に危険が伴う

 ・変形性膝関節症や股関節症で歩行が困難

 外出困難・ほとんど寝たきりの状態

 ・関節リウマチの痛みが強い

これらの疾患の場合には健康保険を用いた鍼灸治療が可能です。

お気軽にご相談ください。

 

訪問鍼灸治療が可能なエリア(保険適応)

大阪府

 ・大阪市 ・吹田市 ・豊中市 ・箕面市 ・池田市

兵庫県

 ・尼崎市 ・伊丹市 ・川西市 ・宝塚市

上記エリアとなっております。

 

どんな人が来てくれるの?

当院で訪問鍼灸治療を行う野村 繁樹です。

鍼灸治療経験は15年以上あり、2015年には国連機関WHFから鍼灸治療スペシャリストの認定を受けております。

鍼灸治療スペシャリスト認定

さらにアメリカ合衆国44代大統領、オバマ大統領からGOLD AWARDを受賞

アメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD

これらを受賞しているのは日本で私だけであり世界に認められたと自負しております。

 

治療のモットー

『できるだけ軽い刺激でできるだけ大きな変化を』をテーマに訪問鍼灸治療を行っております。

外出が困難な方の体は、筋力が低下し体力も落ちてしまい一般的な状況とは異なります。わかりやすい表現をすると弱っている状態です。そのようなお身体の状況の方に、一般の方と同じような治療を行うと強い負担となり、治療を行ったにもかかわらず症状が悪化してしまうこともあります。このような状況を避けるため、できるだけ軽い力で症状を改善するようにサポートすることを心がけております。

 

訪問鍼灸開始までの流れ

訪問鍼灸についてのお問い合わせ

訪問鍼灸治療計画の作成

同意書

1.お問い合わせ

まずはお気軽にお電話ください。その際に「訪問鍼灸が希望」とお申し付けください。

当院からの質問

1.お名前

2.住所と郵便番号

3.症状

これらをお尋ねいたします。

※往診中や治療中の場合にはお電話を取ることができません。その際には、しばらくたってからおかけ直しくださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

 2.ご自宅訪問

ご自宅に伺ってお身体の状況分析を行います。その分析に基づいて治療計画をたてます。

その際にご要望などがございましたらお気軽にご相談ください。

 

3.同意書の手続き

訪問鍼灸治療を健康保険適用で行うためには医師の同意書又は診断書が必要となります。

同意書(診断書)はご自宅訪問の際にお持ちいたしますので、かかりつけの先生にご記入していただいてください。

 

 

同意書がご準備できましたら治療開始となります。

 訪問鍼灸治療は1回20分前後、週に2~3回が基本となっております。症状によっては週に3回以上訪問することも可能です。ご相談ください。

 

【初検料】

① 1術(はり又はきゅうのいずれか一方)の場合 1,710円

② 2術(はり、きゅう併用)の場合 1,760円

【施術料】

治療方法 マッサージ料金
1術(はり又はきゅうのいずれか一方)の場合

1540円

2術(はり、きゅう併用)の場合

1590円

電療料

30円

 ※往診(訪問)費用

4KM未満 2,300円

4KM以上 2,700円

訪問費用にも健康保険の適応が可能です。

 

 実際のご利用料金例もご紹介しております。参考になさってくださいませ。

訪問鍼灸治療ご利用料金例

往療距離3Km

1術(はり又はきゅうのいずれか一方)を受けた場合

 A. 340円×5部位=1540円

 B. 往診料      2300円

 A + B =3840円

 訪問鍼灸治療1回のご負担金は384円(保険負担割合が1割の場合)

 

注意事項

1.健康保険適用での訪問鍼灸治療は医師の同意した部位が適用になります。

2.障害手帳(1級・2級)、難病指定されている方は負担金が無料になることがあります。

 

皆様のお身体のメンテナンスに少しでもお役に立てれば幸いです。

お気軽にご相談ください。

アクセス

たこ焼き十八番さんのビル3F

グリーンのビルです。

Information

大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです当院での治療の適応範囲のご紹介です。

保険鍼灸治療について

寝たきり”0”を目指して 機能回復を徹底サポートいたします! 新大阪鍼灸・マッサージ整体では、鍼(はり)・灸(きゅう)師の国家資格を持ったスタッフが外出が困難な方のご自宅を訪問し鍼灸治療を行います。 鍼灸治療は、主治医の先生の同意がいただければ…

むくみによって起こる痛み

むくみによって起こる痛み むくみはご自身とは無縁と思われている方もおられるのではないでしょうか?実際、足の状況を確認してお伺いしても、「むくみを実感したことがない」とおっしゃられることもあります。しかし、むくみがあると痛みを引き起こしてしま…

石灰沈着性腱板炎

石灰沈着性腱板炎 石灰沈着性腱板炎が起こる事によって、肩関節の可動域の問題はもちろんの事、非常に強い痛みによって夜中に目が覚めてしまう等の日常生活への影響も出てしまいます。 石灰沈着性腱板炎とは 腱板内に溜まった石灰沈着物が肩峰下滑液包と呼ば…

五十肩、温める?冷やす?

五十肩、温める?冷やす? 五十肩が発症した時、温めた方が良いのか?それとも冷やした方が良いのか?多くの方が悩まれます。今回は、それぞれのパターンについてご紹介いたします。 五十肩、温める?冷やす? 五十肩の場合には、基本的に温めが有効とされて…

不妊体質:血虚

不妊体質:血虚 大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。 血虚とは、簡単に言うと血が足りないことを指します。”血が足りない”といっても西洋医学的にすぐに貧血と診断されるレベルではないことも多くあります。その為、西洋医学的に血虚は見逃され…

無理なダイエットは不妊の原因に!?

無理なダイエットは不妊の原因に!? 不妊治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。 80%以上の女性が”痩せたい”という気持ちを持っていると言われています。そして、痩せるために食事を制限する方がいらっしゃいます。無理に食事を制限…

腰椎椎間板ヘルニアとは?

腰椎椎間板ヘルニア スポーツをされている方の中には、腰椎椎間板ヘルニアを発症させてしまう場合があります。 腰椎椎間板ヘルニアとは 腰椎椎間板ヘルニアとは、椎間板の線維輪が亀裂や断裂を起こし、髄核が椎間孔内外へと膨隆や脱出してしまい神経を圧迫し…

股関節が痛い!

股関節が痛い! 「股関節が痛い」となった場合、様々な原因が考えられます。今回は股関節の痛みを引き起こす疾患をいくつかご紹介いたします。 股関節痛 ・変形性股関節症 変形性股関節症では、痛みと機能障害が現れます。立ち上がりや歩き出しの初動で股関…

指先にしびれを起こす胸郭出口症候群

指先にしびれを起こす胸郭出口症候群 指先にしびれを引き起こす疾患はいくつかありますが、その中の一つに「胸郭出口症候群」があります。スポーツをしている方でも発症させてしまう疾患ですが、日常生活の中での姿勢等の問題によっても発症させてしまう危険…

頸肩腕症候群

頸肩腕症候群 頸肩腕症候群とは字を見たままの意味で、頸や肩・腕にかけて症状が引き起こされる疾患です。 頸肩腕症候群の症状 頚肩腕症候群では、パソコン作業時や鞄を持っている時、電話をしている時、字を書いている時等、日常のあらゆる場面で症状が誘発…

夜間痛に注意

夜間痛にご注意 夜間痛とは、夜間寝ている間に痛みが出ることを指します。この症状が出ている場合には、危険な疾患が隠れている場合があります。その場合には、すぐに医療機関への受診が重要となります。今回は、注意が必要な夜間痛についてご説明いたします…

足根管症候群

足根管症候群について 足根管症候群とは、足にしびれなどの症状を引き起こしてしまう疾患です。捻挫などの後遺症として症状が引き起こされてしまうこともあります。その為、スポーツをされている方も注意が必要となります。 足根管症候群とは 足首には、内く…

肘部管症候群

肘部管症候群 手にしびれを引き起こしてしまう疾患の一つに「肘部管症候群」があります。末梢神経の絞扼性障害の中でも比較的頻度が多い疾患です。日常生活の問題からの発生もありますが、スポーツをしている方であればフォームの問題によっても引き起こされ…

仙腸関節炎が起こるタイミング

仙腸関節炎が起こるタイミング 仙腸関節炎は、急に発症するとき・徐々に発症するとき、どちらのパターンでもあります。どちらにしても日常生活に支障が及ぶことが考えられます。 仙腸関節炎:急に発症する場合 急に発症するときには、ぎっくり腰と思われるこ…

トリガーポイントについて

トリガーポイントについて スポーツ障害の治療の際にはトリガーポイントによる治療を選択されることがあります。当院でも必要に応じて行っておりますが、トリガーポイントはあまり馴染みのない言葉だと思います。今回は、トリガーポイントについてご説明いた…

内くるぶし上の痛みの原因

内くるぶしの上の痛み スピードを出す短距離走の方や、テニス・バスケットボール等で急な動きを繰り返す方に内くるぶしの上の痛みは起こりやすいです。この痛みは、「シンスプリント」の可能性があります。シンスプリントは負荷がかかり続けることによって骨…

突然腰が痛くなったら・・・

突然腰が痛くなったら・・ ギックリ腰のように突然腰に痛みが引き起こされてしまうことがあります。すぐに病院へ行けると良いけれどそうも出来ない、そのような時にした方が良い対処法についてご紹介いたします。 突然腰が痛くなったら・・・ よく言われる「…

肩が上がらない=五十肩?

肩があがらない=五十肩? 痛みで肩を上げる事が出来なくなると、四十肩・五十肩と言われることがあります。しかし、肩が上がらない=四十肩・五十肩ではなく、それ以外にも疾患が存在しています。 四十肩・五十肩とは? いわゆる四十肩・五十肩とは疾患名で…

慢性的な肩凝りが不妊の原因に!?

慢性的な肩凝りが不妊の原因に!? 不妊治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。 不妊症でお困りの方で肩こりを感じている方はお読みください。 肩こりは、首から肩にかけての筋肉である僧帽筋と呼ばれる筋肉が硬くなることによって起こる…

ランナーに多い梨状筋症候群

走っていて坐骨神経痛が引き起こされる ランナーの方で多い疾患は、ランナー膝やシンスプリントなどの膝より下に多いです。しかし、リスクはそれだけではありません。実は、坐骨神経痛を引き起こすリスクがあります。そして、実際に坐骨神経痛で悩まれている…

五十肩は安静が必要?

五十肩は安静が必要? 肩が上がらなくなった時、多くの方が四十肩・五十肩かな?と思われることがあります。その場合には安静が良いのか?動かした方が良いのか?と様々な意見がネットに溢れています。 五十肩は安静が必要? まず初めに、それが本当に五十肩…

むくみの解消法

むくみの解消法 むくみの原因には色々なものがあります。もし、万が一疾患が見つかった場合には、すぐにそちらの治療を受けるようにしてください。しかし、何も疾患が見つからなくてもむくみは多くの方の悩みになっている事が多いです。むくみが出てくると、…

腸脛靭帯炎の特徴

腸脛靭帯炎の特徴 ランナー膝の代表的な疾患の一つに「腸脛靭帯炎」があります。腸脛靭帯は腸骨稜から脛骨外側にかけて走行している靭帯で、膝の屈伸運動の際に膝外側部において摩擦が発生してしまい痛みが発生しているものを腸脛靭帯炎と言います。 腸脛靭…

電気鍼はスポーツ障害の改善にお勧め!

電気鍼はスポーツ障害の改善にお勧め! スポーツ障害が起こると筋肉のバランスが崩れることが多く、それによって痛みが増強、さらに筋力が低下する、このような流れになる事も少なくありません。 これは足底腱膜炎に限ったことではなく野球肩やテニス肘、ラ…

腱鞘炎のセルフケア

腱鞘炎 全身の筋肉の両端はまとまって細くなり腱となって骨に付着します。ほとんどの腱は骨に付着するまでむき出しのままですが、手首などの良く動かされる所では腱がむき出しのままで動くと周辺の組織と摩擦を起こしすぐに炎症を発生する危険性があります。…

スポーツ障害に鍼灸治療が良い理由

スポーツ障害に鍼灸治療が良い理由 何かしらの痛みが起こった時、鍼灸治療をあえて選択する理由・オススメする理由をご紹介いたします。 スポーツ障害に鍼灸治療が良い理由 ・筋肉の線維を傷つけすぎない 筋肉は細かい線維が集まって出来ています。しかし、…

変形性関節症とは?

変形性膝関節症 変形性膝関節症の発症は特に女性に多くみられます。そして、近年では若い方の間でもみられることが増加傾向にあります。また、若い頃に半月板損傷を起こしている場合には変形性膝関節症発症のリスクが高くなってしまうこともあります。 変形…

ふくらはぎがやたらと疲れる

ふくらはぎがやたらと疲れる方 ふくらはぎに張りをすぐ感じたり、すぐに疲れを感じる方がおられます。この時に考えられる原因は、ふくらはぎの筋肉に過剰な負担がかかっていることです。では、それは何故起こるのか・・・となると、重心バランスの影響が考え…

トレーニングで胸郭出口症候群に!?

トレーニングで胸郭出口症候群に!? トレーニングをおこなって健康的な身体を作ろうとされた結果、胸郭出口症候群が発症してしまうことがあります。特に姿勢に関してのトレーニングで胸筋が鍛えられたり、首周辺を鍛えることによってリスクが高まります。 …