大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

内反小趾:足の小指の痛み

f:id:oosakatoyomedicine:20181216100505j:plain

内反小趾(足の小指の痛み)

 足の親指側に痛みが出る外反母趾は良く知られています。ですが、足の小指側に痛みが出た場合の名前は一般的にあまり知られていません。その為、特殊な痛みと思われている方も多いのですが、外反母趾同様に悩まれている方は多くおられます。スポーツをされている方の中にも内反小趾の痛みで困っている方もおられます。

内反小趾とは?

 内反小趾とは、足の小指先が親指側に向かってカーブし、小指の付け根に痛みやタコ等が出現している疾患です。運動中の痛みや場合によっては日常生活での歩行にも影響が及ぶ可能性があります。

内反小趾が発症した原因は?

内反小趾の原因

 内反小趾が発症した時にまず考えないといけない事は、靴が合っていないか?重視位置に異常が起こっていないか?という事です。靴が合っていない場合にも、小指の部分が靴と摩擦を起こし内反小趾が発症してしまう事があります。そして、最も重要な問題が重心位置異常です。本来乗っているべき部分に体重が乗らずに小指側に逃す癖がついていると、自然と靴との摩擦が起こるようになってしまいます。その結果、痛みやタコ等の皮膚の異常、そして関節の変形が進んでしまいます。

 内反小趾と分かった場合にはすぐに根本的な原因に対する対策をとられることをオススメいたします。理由は、足元にずっと刺激をかけないように休ませておくことは非常に難しいからです。その為、対策を取らなければどんどんと状況が進行していく可能性があります。変形が進んでしまえば、指同士が重なり合う等の問題も生じてしまいます。そうなれば、スポーツはもちろんのこと日常生活への影響も大きくなってしまいます。

 外反母趾や内反小趾は軽く見られてしまう事が非常に多いです。しかし、身体の土台となる足の部分の問題ですので、これが身体全体への影響を作ってしまう事もあります。是非早期に治療を開始していきましょう!

ご興味お持ちいただいた方はチャンネル登録もよろしくお願いいたします。

information

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定を受けた日本で唯一の治療院です。

 プロの治療によって、安全・安心にスポーツ障害の症状改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間

受付時間
10:00~13:00 /
10:00~21:30 /

LINEからのご予約

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

 ご予約はお電話・LINE・インターネットで承っております。

TEL:080-6224-4693

ネット予約

※インターネットによるご予約が分かりにくい方は、お気軽にご連絡ください。

 

 世界に認められた実力でスポーツ障害の症状改善をサポートいたします。

アクセス

たこ焼き十八番さんのビル3F

グリーンのビルです。

足の小指の外側にタコが出来る

足の小指の外側にタコが出来る 足の小指の外側の靴と接触する部分にタコが出来てしまうことがあります。本来であれば、そのような場所にタコが出来ることはないのですが、重心位置異常が起こったりすると小指の外側などの思わぬ部分にタコが出来てしまうこと…

靴の踵、外側からすり減る

靴の踵、外側からすり減る方 靴には、無意識で行っている様々な癖がついていることがあります。今回は、その中でも靴の踵の外側から減っている癖をご紹介いたします。 靴の踵、外側からすり減る方 本来重心がかかっている位置は、足関節より前方の部分でどち…

内反小趾発症のままの運動は危険

内反小趾発症のままの運動は危険 「内反小趾」とは、足の小指が親指側に向けてくの字状に曲がっていたり、それによって痛みやタコ・魚の目等が出来ている状態を指します。足の小指の症状ですが、それが発症しているまま運動すると違う部分の痛みを引き起こし…

外反母趾:改善のために

足の母趾の痛み:外反母趾 足の母趾の痛みの代表的な疾患が「外反母趾」です。外反母趾は特に女性に多い疾患で、我慢が出来る間は仕方がない・・・と思い治療を受けずにおられる方が非常に多いです。しかし、外反母趾はそのまま放っておいても根本的な原因の…

実は良くない靴

実は良くない靴 最近は、「〇〇の方向けの靴」「足に負担をかけない靴」「軽くて体にいい靴」など様々な売り文句が書かれている靴を見かけることがあります。ご来院いただいている患者様からも「このような靴があるようですが、どう思われますか?」と聞かれ…

偏平足

偏平足 「自分は偏平足かな」と気にされて事はありませんか?特に、足元に何か症状が引き起こされている場合には余計に気になっていしまうことがあると思います。ですが、見た目状の判断だけでは偏平足かどうか分からない事もあります。 偏平足とは 足には3…

外反母趾・内反小趾の危険な対策

外反母趾・内反小趾の危険な対策 運動にも影響を与えてしまう外反母趾・内反小趾。様々な対策用の市販グッズも売られていますが、実は中には危険な対策もあります。 ・サポーター 市販の物にたくさんの外反母趾・内反小趾用のサポーターがあります。専用と書…

外反母趾は運動パフォーマンスに影響する

外反母趾 運動の際には、靴の問題やフォームの問題によって足に痛みが起こってしまう場合があります。この時、足の親指に痛みが出る疾患の一つに「外反母趾」があります。外反母趾は進行性の疾患となりますので、場合によっては痛みの為に運動を中止にしなけ…

外反母趾・内反小趾の治療開始はいつがいい?

外反母趾・内反小趾の治療開始はいつがいい? 足の親指の痛みや変形が起こる外反母趾、足の小指の痛みや変形が起こる内反小趾は、ある程度我慢されてしまうことが多いです。その理由として、日常生活に支障をきたすほどでなければ仕方ない・・・とされている…

ふくらはぎがやたらと疲れる

ふくらはぎがやたらと疲れる方 ふくらはぎに張りをすぐ感じたり、すぐに疲れを感じる方がおられます。この時に考えられる原因は、ふくらはぎの筋肉に過剰な負担がかかっていることです。では、それは何故起こるのか・・・となると、重心バランスの影響が考え…

内反小趾って?

内反小趾治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター 足の親指付け根がくの字状に変形したり痛みが出てくる「外反母趾」は、よく知られていると思います。しかし、同じような症状が足の小指に出てくる疾患はあまり知られていません。ですが、外反母趾同…