大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

肘部管症候群

f:id:oosakatoyomedicine:20181216100505j:plain

肘部管症候群

 手にしびれを引き起こしてしまう疾患の一つに「肘部管症候群」があります。末梢神経の絞扼性障害の中でも比較的頻度が多い疾患です。日常生活の問題からの発生もありますが、スポーツをしている方であればフォームの問題によっても引き起こされてしまう事があります。また、肘の骨折後の変形によっても引き起こされてしまう事があります。

肘部管症候群とは?

肘部管症候群についての説明

 末梢神経は、関節周辺や筋肉や腱の隙間を通る時に圧迫されてしまうことがあります。肘部管とは肘の内側にあり、尺骨と上腕骨で構成されている内側上顆の部分を尺骨神経が走行していきます。肘の内側をぶつけた時に手先に向かってビリッと電気が走るような経験をされたことはありませんか?これは尺骨神経が刺激されたことによって引き起こされています。内側上顆部分で尺骨神経が絞扼されてしまうことによって、肘部管症候群が発症してしまいます。

 症状としては、手の小指側のしびれや筋力低下が起こります。進行すると、小指や薬指が完全に伸ばせなくなってしまい、指が曲がった状態となってしまいます。また、筋力低下によって手の甲の筋や骨がはっきりとしてくることもあります。お箸が持ちずらくなる、ボタンが留めにくくなる、このような症状も出てくることがあります。

 

 手の痛みやしびれだけでなく、筋力低下も引き起こされてしまうと日常生活にも影響が出てしまいます。手のしびれは肘部管症候群だけではありませんので、症状が出た場合には早期に医療機関に受診するようにしてください。

 

information

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。


 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定を受けた日本で唯一の治療院です。

 

 プロの治療によって、安全・安心に肘部管症候群の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間

受付時間
10:00~13:00 /
10:00~21:30 /

LINEからのご予約

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

 ご予約はお電話・LINE・インターネットで承っております。

TEL:080-6224-4693

ネット予約

※インターネットによるご予約が分かりにくい方は、お気軽にご連絡ください。

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

 

 世界に認められた実力でスポーツ障害による症状改善をサポートいたします。

アクセス

たこ焼き十八番さんのビル3F

グリーンのビルです。