大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

メニエール病の治療

メニエール病

ある日突然、大きな耳鳴りと回転性のめまいで発症するメニエール病。

・目が回って立つこともできない

・低音だけでなく耳が聞こえなくなってきた

・メニエールの発作が怖いので仕事ができない

 これらはメニエール病患者さんが悩まれることの多い症状です。回転性のめまい発作を繰り返し、めまいの恐怖から日常生活の多くを自ら制限する方もいらっしゃいます。メニエール病は回転性のめまいだけではなく、患側の耳が初期は一次的な低音性の難聴が徐々に聞こえなくなり、最終的にはほとんど音が聞こえなくなる方も多く、メニエール病の発症によって時間とともに様々な障害が現れる疾患です。

当院ではメニエール病による発作と病状の進行を抑えるための東洋医学的な治療を行っております。

『病院で治療を受けたけどフワフワする浮動性のめまいが改善しない』

『めまいに対してあまり薬を飲みたくない』

『東洋医学的にメニエール病の治療を受けたい』

という方は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお越しください。東洋医学でメニエール病体質の改善をサポートいたします。

 メニエール病のケア方法も動画でご紹介しております。よろしければご覧ください。

メニエール病ってどんな病気?

 内耳メニエール病は内耳のリンパ浮腫が問題で発症する事が確認されています。問題はリンパ液が内耳にたまる原因が不明確な事です。その為、メニエール病は原因不明の疾患として考えられています。

 リンパの流れには自律神経の働きが影響し、自律神経機能が低下することによって血流低下、リンパ液の還流障害が起こる事によって内耳にリンパ浮腫が形成されメニエール病の発作を引き起こしていると自律神経学的に考える事ができます

 メニエール病の症状が強く現れている時期には、頭部にまでむくみが現れ頭頂部を押さえるとブヨブヨしていることもあります。このような状況を考えても内耳だけにリンパ浮腫が形成されているわけではないことがわかります。ここまで広範囲に浮腫を引き出すのは自律神経機能の乱れ以外には考えられません。

 ちなみにメニエール病の方は頭部のむくみを日頃から確認しておくことで、回転性めまいなどの症状が強く現れる前に予防することも可能です。

 自律神経失調症とメニエール病は都会部で多く発症する特徴もあります。これはデスクワークが多いことによる不良姿勢や、生活リズムの不安定から発症している可能性があると考えています。

 このような事から当院では、メニエール病は自律神経失調症によって発症していると考え治療を行っています。

 

メニエール病の症状

 1.回転性めまい

 メニエール病の1番の症状は回転性めまいです。回転性めまいとは、自分自身や周りの物がグルグル回って見えるようなめまいを指します。メニエール病による回転性めまいでは目を閉じた状態でも、回っているように感じることもあります。

 症状の程度には個人差があり、動画の回転よりも強い方や弱い方がいらっしゃいます。いずれにしろメニエール病の患者さんはかなり辛いめまいがあります。

 回転性のめまいが起こっている状態での歩行は、平衡感覚が障害されているためほとんどの場合で不能です。回転性のめまいは数十分~数時間継続し、周期的に繰り返し徐々に周期が短くなる傾向があります。

このような回転性めまいが突然起こるので恐怖を感じる方も少なくありません。

 

2.耳鳴り

 めまいが起こる前の耳鳴りは”キーン”という高音のことが多く、それ以外は低音です。耳鳴りがめまいの予兆となることも多いので、メニエール病の方は高音の耳鳴りが聞こえたら警戒する必要があります。

 

3.低音性難聴

 メニエール病の発症初期に低音性難聴が認められるのは、めまい発作が起こっている時だけなのでめまいに気を取られ難聴に気が付かないことも少なくありません。難聴が起こるのは患側だけで、障害される音域は250~500HZです。男性の低い声が聞き取れない方もいらっしゃいます。

 メニエール病によるめまい発作を何度も繰り返していると、めまいが起こっている時以外も低音性難聴が認められるようになります。人によっては全音域の難聴が発生することもあります。

 その他、頭痛り、吐き気ひどい場合には嘔吐することもあります。

 

当院でメニエール病治療を受けるメリット

1.メニエール病の状態がわかります。

 自律神経バランス測定を行う事によって現在の自律神経のバランスがわかります。検査結果をわかりやすくご説明いたします。あなた自身の自律神経のバランスがわかる事によって、日常で気を付けなければならないことが明確になります。

 

2.最新のメニエール病治療

2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関のWHF(World Human Facilty Community)から鍼灸・カイロプラクティックスペシャリスト認定

世界に認められた実力と自負しております。

 

 3.アフターフォローが充実

 効果の維持と再発を防ぐため、一人一人にあった日常生活の注意点や運動等を指導しています。特にメニエール病は発症要因によって日常で気を付けるべきことや推奨されることが異なります。その為、ネットでいろいろ調べて迷ってしまっている方もいらっしゃると思います。当院では、「あなたのメニエール病のタイプ」に合わせた日常のケアを提案いたしますのでご安心ください。

 基本的なケア方法を動画でご紹介しております。

 

4.国家資格所持者によるめまい治療

 当院で施術するスタッフは身体の基本や東洋医学を学んだ鍼灸師の国家資格を所持する治療のプロです。あなたの体の状況に合わせて最良の治療法を選択いたします。プロの治療によって安心・安全に症状改善をサポートいたします。

 

5.自律神経バランスを考慮しためまい治療

 メニエール病の緩解期に残る事が多い、浮動性の”頸性めまい(首の問題によるめまい)”、原因が不明のめまいの場合など、あなたのめまいの状況に合わせた治療も行います。ご安心ください。

 当院は、治療に絶対的な自信を持っています。安心して、御来院ください。 日曜日もメニエール病の治療を行っております。

 

メニエール病治療方針

 当院ではメニエール病に対して、正確な状況分析と高度な治療技術をモットーに体質改善をサポートいたします。メニエール病の症状である回転性のめまいや吐き気、嘔吐、その他の付随する浮動感に対して副作用のない治療により早期の改善をサポートします。お気軽にご予約の上御来院下さい。

 

【女性の方へ】

 当院にご来院されている方の73%以上が女性の方です。その為、初めての女性の方でも入りやすい雰囲気です。また、常に女性スタッフが1人勤務しております。

 当院では、治療の際に着替えてもらうことはございません。日常の服装でご来院ください。

 

適応となる症状メニエール病の症状

メニエール病 ○回転性のめまい

 ○浮動性のめまい

 ○頭位変換性めまい

 ○吐き気・嘔吐

 ○低音性難聴

 ○突発性難聴

 ○耳の閉塞感

 ○メニエール病の予防・体質改善

 

メニエール病治療における当院の特徴

 メニエール病は西洋医学的にイソバイドを中心とした薬物療法が主体です。薬物療法で改善する方もいらっしゃいますが全く改善しない方もおられます。この違いは体質と考えられやすいですが、実際は体質と考えるよりは根本的な原因に対して適切な対応ができていない事も考えられます。

 メニエール病は原因が明確になることがほとんどないため、薬物療法もやってみないと結果が分からないのは仕方がない事です。ですが、数か月~数年薬を飲み続けて結果が現れないのに、その方法を続ける意味は何なのでしょうか?

 当院のメニエール病治療の特徴は自律神経機能を測定し、自律神経バランスを整えることでメニエール病の改善を目指す、現在西洋医学的に行われている治療法と全く違うアプローチ法をとる事にあります。

 

当院で行う自律神経機能計測は2パターンあり状況によって使い分けます。

1.心電図を計測しその心電図を分析することで自律神経のバランスを判断

2.汗をかく量を手足で計測し自律神経機能を判断

上記2パターンは、受診された方の症状によって使い分けます。

nomuraseikotuin.hatenablog.com

鍼灸治療の適応

メニエール病に対する鍼灸治療はこのような方にお勧めです。

 このような症状がある場合には東洋医学的治療の適応となります。         その他、低音性難聴が回復しない、突発性難聴を繰り返す場合も東洋医学療法が最適です。当院におまかせください!

 

治療料金 

 当院では整体療法・鍼灸療法・自律神経免疫療法でメニエール病の治療を行っております。治療法は現在の症状を改善するのに最も効果の現れそうな方法を選択しています。このような治療法が受けたい等の御要望がある場合には御相談下さい。可能な限り対応いたします。

 

整体療法
メニエール病の症状改善後に予防として行う方法です。
治療費 1回 6600円~8800円
メニエール病の症状が強く現れているような場合には鍼灸治療の適応となります

 

東洋医学的治療
鍼灸治療では、東洋医学的にメニエール病が起こる原因を探し治療を行います。状態によっては自律神経の働きを測定しその状態に合わせた鍼灸治療を行う事もあります。メニエール病による症状の緩和や不随する症状の緩和に有効な治療法です。
治療費 1回 6600円~8800円

 

自律神経免疫療法
自律神経免疫療法では、交流磁気の力を使って血流を改善し自律神経機能を整えます。体力が落ちてしまった方やうつ傾向に陥った方にも行える治療法です。
治療費  1回 6600円

 

総合治療
整体療法と東洋医学治療を合わせて行います。身体の状態によっては過度な刺激となる為、行う事が出来ないこともあります。
治療費  1回 11000円

※初診時には初診料・検査料が別途4400円必要です。
※メニエール病の治療に健康保険の適応は出来ません。

※初診時は状況を正確に把握する必要があり、担当は野村(院長)になります。

 2回目以降は女性スタッフ選択可能です。

 

めまいが起きた時の注意点

1.安静を保つ

 めまいが起こったときには、できるだけ安静を保つ必要があります。安静を保つ環境として、できるだけ静かな環境で横になり楽な体勢をとりましょう。もし吐き気を伴っている場合には嘔吐したときに軌道を詰めないように横向きで寝る事をお勧めします。

 

2.精神的な落ち着きを心がける

 自律神経失調症からのめまいの場合、精神的な興奮によってめまいは悪化してしまう可能性があります。めまいが起こった時にはできるだけ慌てず気分を落ち着かせるようにしましょう。

 

3.めまいの季節変化

 めまいは季節の変化に大きく関係します。特に、春秋は自律神経機能が乱れやすくめまいを発症しやすい季節と考えることができます。この時期には、睡眠不足にならないようにしましょう。胃腸に不快感がある方は、食生活にも気を配ることをお勧めします。

 

4.マッサージ

耳の閉そく感

耳の閉そく感 めまいに耳の閉塞感を伴っている方が多くいらっしゃいます。実際に、耳の閉塞感を引き起こす疾患として、外耳道炎、外耳道異物、中耳の問題として急性中耳炎、滲出性中耳炎、耳管狭窄症、耳管開放症、慢性中耳炎、内耳の問題として外リンパ漏、…

原因不明の耳鳴りが・・・

原因不明の耳鳴りが・・・ 自律神経失調症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお任せください! 自律神経失調症によって耳鳴りが起こる事があります。自律神経失調症によって耳鳴りが起こる主な理由は耳の内部の血流やリンパの流れが悪くなっ…

目が回るようなめまい

メニエール病治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお任せください! 目がまわるようなめまいが継続、更に嘔吐や低音性難聴等の症状が現れるメニエール病。現在の西洋医学では対症療法が主体となっています。その為、メニエール病の症状が治まっ…