大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区新大阪(西中島)の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

グロインペイン症候群の治療

グロインペイン症候群TOP

グロインペイン症候群治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

短距離走によるグロインペイン症候群

 グロインペイン症候群は、短距離ランナーの走り方の特徴である大腿部を高く上げる走り方や、サッカー選手がボールを蹴る動作で、鼠径部に負担がかかることによって発症する”鼠径部付近に現れる疼痛性疾患”を指します。

 妊娠中に感じる鼠径部の痛みも広義のグロインペイン症候群と考えることもできます。

 グロインペイン症候群は、レントゲンやMRIによる検査を行っても明確な原因が見つかることはなく、痛み止めが処方される程度の処置しか受けることができず長引く傾向にある疾患です。

 グロインペイン症候群の症状が現れたら、運動は中止して直ちに治療を開始しましょう。

股関節痛は”様子を見てください”で済まされやすい?

 股関節痛の原因の多くが筋肉性であるため、病院を受診しレントゲンを撮っても『異常がないから様子を見ましょう』といわれるケースが多い症状です。レントゲンに写るのは骨で、骨以外の組織の損傷はわかりません。つまり筋肉性の問題をレントゲンで判断することはできないのです。股関節の痛みがあるということは股関節に影響を与えるどこかに問題があるのは確実です。その痛みの原因を探し出し、原因に対して治療を行う事が最も重要です。

 股関節痛で病院を受診して経過観察になった場合、シップや痛み止めを処方され様子を見ている方も多くいらっしゃいます。しかし、これらは股関節痛に対して改善を目的に行っているのではなく、痛みをごまかすための対症療法でしかありません。問題になるのは、作用の強い痛み止めを服用している場合です。痛み止めによって痛みが軽減するため股関節を動かすことができることです。

股関節痛 少しお考え下さい。”なぜ、股関節痛が現れているのでしょうか?”

 答えは、股関節周辺の組織が損傷されているために股関節痛が現れているのです。損傷された組織は痛み止めで回復するわけではありません。そして痛み止めによって痛みが軽減した状態で、股関節を動かすことによって損傷が広がるので股関節痛が悪化したり長引いたりするのです。

 股関節の痛みによって、サッカーや長・短距離走等の陸上競技、ジャンプや急な方向転換を強いられるスポーツの場合には股関節痛は耐え難い痛みになることもあり、スポーツをあきらめてしまう方もいらっしゃいます。その中で、あきらめずに治療を受ければ”股関節の痛み”から解放される状態の方が多いのも事実です。

グロインペイン症候群の症状

鼠径部痛

グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)による痛み

 痛みは右のイラストの赤い色の部分)鼠径部)に現れます。足の付け根が痛い、股関節が痛いと表現する方もいらっしゃいます。

 サッカーでグロインペイン症候群が発症する場合にはボールを蹴る側が多く、陸上競技で発生する場合には、左右どちらにでも起こる可能性があります。

歩行時痛

 患側に体重が乗ることによって鼠径部に負荷が加わり痛みが発生します。この時の痛みは症状によって強弱がありますが、強い場合には歩行困難になることも少なくありません。

圧痛

 痛みを感じている部分を抑えると痛みが現れることが多くあります。この痛みは組織損傷による場合と、痛みが現れないようにするために周囲の筋肉が硬くなることによって現れる場合があります。

グロインペイン症候群以外の股関節痛の特徴

 股関節痛を起こしている原因によって痛みに違いがあります。それぞれの痛みの特徴を大まかにご紹介いたします。

 

筋肉疲労による股関節痛

 疲労の溜まっている筋肉にもよりますが痛みというよりはだるさが強く感じられます。腸脛靭帯の過緊張状態や、殿筋郡の過緊張状態によって股関節痛が引き起こされることがあります。

 

筋肉の短縮による股関節痛

 筋肉が短縮した事による股関節痛は、股関節を曲げたときに痛みが現れる傾向があります。また、歩いていると徐々にだるさが出てきてそのだるさが痛みに変わります。梨状筋症候群や腸腰筋の短縮による股関節痛はこのパターンに含まれます。

 

骨盤のゆがみによる股関節痛

 骨盤のゆがみによる股関節痛は、股関節周辺に痛みやしびれが引き起こされることが多くあります。この場合は、坐骨神経痛と間違えている方も多くいらっしゃいます。

 

腰椎の過剰前彎による股関節痛

 腰椎の過剰前彎による股関節痛の場合、股関節の前面に痛みがあります。痛みのパターンとして歩いていると徐々に痛みが現れ最終的には休憩しなければ痛みが治まらない事が多くあります。ランナーの方であれば、走るフォームが問題となることがあります。

  これらが股関節痛を引き起こす大きな原因となっています。この中で特に多いのが骨格の問題による股関節痛です。

股関節痛の原因別特徴

ご興味お持ちいただいた方はチャンネル登録もよろしくお願いいたします。

 

グロインペイン症候群の原因

 グロインペイン症候群の原因は、自分自身の内的要因として骨格の安定性と筋肉の調和のどちらか、もしくは両方が崩れた時や、使いすぎ症候群としての筋疲労性の股関節の痛み、筋肉の短縮による股関節の痛み、骨盤の歪みが原因の股関節の痛み、腰椎の過剰前彎による股関節の痛みが代表的です。

 外部要因としては、アスファルトなど硬い地面の上での運動や靴の不適合、歩き方の異常、運動方法の間違い等が原因となります。

骨格の安定性:グロインペイン症候群に直接関連するのは骨盤です。骨盤の歪みによって周囲に負担が加わり痛みが発生すると考えられます。ですが、骨盤だけというよりは骨盤より下の関節全てが影響していることが多く、骨盤のゆがみがグロインペイン症候群の発症要因というよりは、下肢の関節に問題が起こることによって発症したと考える方が現実的です。

筋肉の調和:腰から足に向けて走る筋肉のバランスが崩れることによって発症します。このバランス異常は筋力が弱い場合と強い場合の両方があり、周囲との筋肉バランスの改善が必要となります。また、過度に負担をかけることによって筋肉が硬くなりグロインペイン症候群が発症することもあります。

妊娠中:妊娠中にグロインペイン症候群が発生する場合には、腰椎の前彎が関与していることがほとんどです。

 割合としては筋肉の不調和によってグロインペイン症候群が発症していることが多いです。

グロインペイン症候群の治療法

 グロインペイン症候群の治療法を決定するうえで重要なことは、「グロインペイン症候群の原因が何か?」ということです。当然ですが、骨格の安定性が問題で発生している場合には骨格の調整を行う事が必要であり、筋肉の調和が問題の場合には筋肉の不調和は調整する必要があります。

 

当院でグロインペイン症候群治療を受けるメリット

.グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)の状態がわかります。
 当院では、痛みの原因となっている可能性のある場所を明確にします。痛みの原因が明確になる事によって、今現在のグロインペイン症候群を効果的に改善する事ができます。

 

.グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)の治療法

鍼灸治療

 当院は日本でトップクラスの治療の経験を持ちます。これまでの経験からの考察し最新のより良い効果的な治療を受ける事ができます。軽度の症状であればマニュアル的な方法で改善することが可能です。ですが、慢性化している症状や中等度以上の症状の場合にはあなたの身体の状態にあった治療を行うことが改善のためには必要です。例えばマッサージ。○○式等とついていても、身体の外部から刺激を加える圧力が違ったり施術者の手や足など行う場所が違うだけのことがほとんどで結果はどのマッサージと同じです。マッサージは肉体疲労の改善には役立つかもしれませんがグロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)の改善目的では無効と考えられています。

 

.アフターフォローが充実
 グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)の原因は大きく分けて、筋肉性・骨格の問題に分けられます。そして、それぞれの問題によって日常のケアは異なります。当院では治療効果の維持とグロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)の再発を防ぐため、一人一人にあった体操やトレーニングを指導しています。

 

.全て国家資格所持者
 骨格の構造や運動障害などの基本的な知識を有した医療系国家資格所持者によるグロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)治療を行っています。「そんなの当り前では?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、恥ずかしながら無資格で治療に類似する行為を行っている人がいるのが現状です。

 

.全身のバランスを考慮
 グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)は全身のバランスが関与します。当院では、発症に影響するゆがみを矯正します。それによって、痛みの改善だけではなく再発予防を目指します。

 

.世界に認められた実力

2012年8月21日
 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年7月
国連機関のWHF(World Human Facilty Community)から鍼灸スペシャリスト認定

.骨格矯正を行うことのできる数少ない治療院

 グロインペイン症候群は、腰椎の前面や骨盤の前側から大腿骨向かって走る腸腰筋が関与することが多くあります。この腸腰筋は骨盤のゆがみによって骨格の動きが悪くなった時には強い負担が加わります。このような場合にも、当院ではカイロプラクティック療法で対応が可能です。ご安心ください。

 

料金システム

腰の整体療法

整体療法      5500円

 筋肉のバランスだけでは改善しにくい『骨盤のゆがみ』をともなう方のグロインペイン症候群治療です。

 治療内容:腰の筋肉のバランスを整え、さらにグロインペイン症候群に影響を与える事の多い、『股関節』・『骨盤』・『足根骨』のゆがみを矯正します。さらに、重心バランスを改善するためにテーピングによる重心矯正を行います。

 

グロインペイン症候群の鍼灸治療

鍼灸治療      5500円

 筋肉が問題で発症しているグロインペイン症候群に対する治療法です。グロインペイン症候群の状況に合わせて、東洋医学的鍼灸治療・電気鍼・トリガーポイントの中で最適な方法を選択して治療を行います。症状に合わせて行いますのでご安心ください。

 治療内容:グロインペイン症候群の原因となっている筋肉を特定し鍼灸治療を行うことで効率的に問題となっている筋肉の緩和を目指します。

 

総合治療       7700円

 『少しでも早く改善したい!』という方にお勧めの治療法です。

 治療内容:整体療法・鍼灸治療を行うことで筋肉と関節の両方に治療を行います。

※上記3つの治療メニューからお選びいただきます。

※『どの治療法がいいかわからない』という方はお気軽にご相談ください。

※初診時には、初診料2200円が別途必要です。

※院長希望の場合には、別途1100円必要です。ご希望の場合には、お電話でご予約の際にお申し出ください。

 

グロインペイン症候群のセルフケア

○トレーニングの中止

 トレーニングを中止する事で、筋肉の疲労を回復させることが必要です。これらの筋肉が一過性に過緊張状態になってもグロインペイン症候群と類似する症状が現れる事があります。

○アイシングを行う

 グロインペイン症候群の症状が現れたら、3時間に1回、10~15分位アイシングを行いましょう。グロインペイン症候群の初期は炎症を伴うことも多く、周囲が軽度に腫れていることも少なくありません。腫れが引くだけでも症状は和らぎます。

information

ロゴ

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。最寄駅は、西中島南方駅で徒歩2分、新大阪駅から徒歩10分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸・カイロプラクティックスペシャリスト認定を受けた治療院です。世界に認められた治療技術で症状改善をサポートいたします。

 プロの治療によって、安全・安心にグロインペイン症候群の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

休んでも痛みが治らない

休んでも痛みが治らない スポーツ障害を引き起こした際に、「休んで様子を見たけど治らなかった」という方がおられます。野球肩であれ、ランナー膝であれ、休んでも症状が変わらなかった為治療を考えられるきっかけになる事もあります。 休んでも痛みが治ら…

運動で起こる骨盤周辺の疾患

運動で起こる骨盤周辺の疾患 骨盤周辺は運動をすることによって、必ずと言っていい程動かされる場所と言えます。その為、何等かの疾患が発生してもおかしくありません。今回は、運動の際に引き起こされる骨盤周辺に現れる疾患をご紹介いたします。 運動で起…

姿勢からくる股関節への影響

姿勢からくる股関節への影響 股関節痛は、多くの年代の方に様々な形で現れる症状です。先天的な疾患をお持ちの方もおられれば、筋肉に問題が起こっている場合や姿勢によって股関節に影響が及んでしまうこともあります。 姿勢からくる股関節への影響 股関節は…

靴の踵、外側からすり減る

靴の踵、外側からすり減る方 外反母趾 内反小趾 外反母趾の種類 セルフケア 靴には、無意識で行っている様々な癖がついていることがあります。今回は、その中でも靴の踵の外側から減っている癖をご紹介いたします。 靴の踵、外側からすり減る方 本来重心がか…

朝起きた時の腰の痛み

朝起きた時の腰の痛み 朝起きた時に腰の痛みが現れることがあります。人によっては毎日のように朝起きたら腰痛が起こったりと、すっきりと気持ちいい朝を迎えられない方もおられます。今回は、そんな「朝起きたときの腰痛」の原因として考えられる問題をご紹…

股関節に負担がかかる立ち方

股関節に負担がかかる立ち方 スポーツをしているしていない関係なく、股関節を痛めてしまうことがあります。スポーツをされている場合にはフォーム等の影響が関与していることがありますが、中には日常生活での何気ない立ち方も原因の一つになっていることが…

股関節痛

股関節痛 股関節痛はサッカーやラグビーなどのけるスポーツ、短距離走のように力強く足を上げるスポーツ、テニスやバスケットボールのような方向転換を頻繁に繰り返すスポーツなど様々なスポーツで発生しやすい症状です。そして股関節痛が悪化する事によって…

足の付け根が痛い・・・・

足の付け根が痛い グロインペイン症候群治療は大阪市淀川区新大阪ン東洋医学治療センターにお任せください! グロインペイン症候群はスポーツ障害の中ではあまり知られていない疾患です。この疾患は”鼠径部痛症候群”とも呼ばれる疾患で、足の付け根に痛みが…

股関節が痛い!

股関節が痛い! 「股関節が痛い」となった場合、様々な原因が考えられます。今回は股関節の痛みを引き起こす疾患をいくつかご紹介いたします。 股関節痛 ・変形性股関節症 変形性股関節症では、痛みと機能障害が現れます。立ち上がりや歩き出しの初動で股関…

腰痛や股関節痛の原因になる筋肉

腸腰筋 腸腰筋が問題となって引き起こされる症状は、腰痛・股関節痛が挙げられます。特に股関節前面に痛みが出る時には腸腰筋の可能性が高いため、スポーツ障害においても重要視される筋肉の一つです。 腸腰筋について ・起始:腸骨窩、第12胸椎・第1~5…

外反母趾・内反小趾の危険な対策

外反母趾・内反小趾の危険な対策 外反母趾 内反小趾 外反母趾の種類 セルフケア 運動にも影響を与えてしまう外反母趾・内反小趾。ドラッグストアなどで様々な外反母趾・内反小趾対策用の市販グッズが売られていますが、実は中には危険な対策もあります。今回…

足の裏からの情報も大切です!

足の裏からの情報 スポーツ障害は腰から下にかけての足に様々な症状を引き起こしてしまう事があります。もちろん、痛みが出ている部位の問題を解消することが大切ですが、それと同時に何故その部位に問題が引き起こされたか?の根本的な問題を解消することが…

股関節前側(足の付け根)の痛み

股関節前側の痛み 股関節の前側に痛みが出てくることがあります。この時に考えられる疾患に「グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)」が挙げられます。あまり聞き馴染みのない疾患ですが、スポーツをされている方や反り腰の方に多く発症している疾患の一つ…

反り腰改善のポイント

反り腰改善に必要な筋肉 反り腰は腰痛の大きな原因となってしまうこともあり、スポーツをされている方であれば腰痛をはじめ股関節痛、坐骨神経痛の発症のきっかけになってしまうこともあります。その為、反り腰を指摘されたりご自身で気付いた時には、早期に…

グロインペイン症候群の治療法

グロインペイン症候群の鍼灸治療・整体療法を行う大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。

グロインペイン症候群の誘発要因は?

グロインペイン症候群が発症する原因には体のバランスや筋肉の付き方などが影響するといわれています。

妊娠中の恥骨部の痛み

妊娠中の恥骨部の痛み 妊娠中に骨盤が急激に開きだすことによって、恥骨部に痛みが現れる事があります。これは骨盤の開きにより恥骨結合(左右の骨盤が真ん中でつぎ合わさる部分)が離開する事によって起こる痛みです。 恥骨結合の離開は妊娠時に分泌されるリ…