大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区新大阪(西中島)の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

五十肩、温める?冷やす?

f:id:oosakatoyomedicine:20181216100505j:plain

五十肩、温める?冷やす?
五十肩 症状 原因 セルフケア

 五十肩が発症した時、温めた方が良いのか?それとも冷やした方が良いのか?多くの方が悩まれると思います。どちらもネットに書かれている情報ですので間違いはないのですが、時期を間違えるとかえって症状が悪化してしまうこともあります。今回は、それぞれのパターンについてご紹介いたします。

五十肩、温める?冷やす?

五十肩は温め?冷やす?

 五十肩の場合には、基本的に温めが有効とされています。五十肩は血流障害によって悪化したり、筋肉に問題を与えることから拘縮が強くなったりしてしまうことがあります。そのため、特に夏場の時には、エアコンや扇風機の風が直接当たることによって冷えが起こり、その結果症状が強くなってしまうことがあります。このような場合には温めや、直接風が当たらないように注意するような対策をとってください。冬場であれば温めもしやすいのですが、夏場は温めることで汗をかいてしまうと余計に冷えを起こしてしまうので、直接風が当たらないようにする等の対策が最善です。

 

 基本的に五十肩は温めることを考えるのですが、注意点があります。自己診断で五十肩と思っていても、実は違うケースがあります。五十肩に似たような症状を引き起こす疾患として、肩関節の腱板損傷や腱の炎症が起こっているような場合も考えられます。そのような場合にはアイシングを行う事が優先されるため、温めることによって一時的に症状が悪化してしまうこともあります。安全に対処したいとお考えの場合には、医療機関に受診しご自身の肩関節の痛みの原因を聞き、対処法について指示を仰ぐことが理想です。

 もしも医療機関に行く時間が無い等の事情があれば、痛みが出ている部分を触ってみて左右比べて熱感があるかを確認してみてください。もし、痛みが出ている方に熱感があるような場合にはアイシングの方が効果があることが多いです。また、ぶつけた等の外傷の記憶がある場合にもアイシングの方が効果的な場合があります。

 

information

ロゴ

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。最寄駅は、西中島南方駅で徒歩2分、新大阪駅から徒歩10分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸・カイロプラクティックスペシャリスト認定を受けた治療院です。世界に認められた治療技術で症状改善をサポートいたします。

 

 プロの治療によって、安全・安心に五十肩の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間

受付時間
10:00~13:00 /
16:00~21:30 /

LINEからのご予約

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

 ご予約はお電話・LINE・インターネットで承っております。

TEL:080-6224-4693

ネット予約

※インターネットによるご予約が分かりにくい方は、お気軽にご連絡ください。

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

 

 世界に認められた実力でスポーツ障害による症状改善をサポートいたします。

アクセス


住所:大阪市淀川区西中島3丁目17-17
   竹田ビル3F (たこ焼き十八番さんのビル)
TEL :080−6224−4693