大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区新大阪(西中島)の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

テニス肘の治療

テニス肘治療TOP

テニス肘治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療治療センター

テニス肘

  テニス肘の87%の方は、骨には異常がありません。それでも、ラケットを振るだけで痛みが起こります。また、症状が悪化してしまっている方の場合には、ドアノブをひねる・字を書くなどの日常生活動作でも痛みが現れるようになります。  

 このような状態になって、レントゲンを撮っても『異常なし』といわれてどのようにすればいいのか分からずシップを貼って過ごしている方が多いのも現状です。

 このような現状の中、1つ考えて頂きたいのが痛みが出るのは骨だけではありません。レントゲンは、骨を調べるための診断装置です。筋肉の状態はわかりません。つまり、レントゲンを撮って異常なしと言われた場合には、『骨折はしていません』と言われたと思って下さい。肘関節を構成している、上腕骨・尺骨・橈骨に異常がなかっただけで、”肘関節周辺組織”である筋肉の状態はレントゲンでは分からないのです。

 特にテニス肘の場合には、肘を伸ばす筋肉(前腕伸筋群)に問題がある場合がほとんどです。これらの筋肉が上腕骨外側上顆に引っ張るような力を加えます。これによって、上腕骨外側上顆に炎症が起こってしまっている状態です。つまり、テニス肘を改善するためには肘関節を考えるより肘関節周辺の組織の状態を考えなければいけないのです。

 当院ではテニス肘の原因となる筋肉の柔軟性やバランス、ショック吸収能力を正常化する事を基本にテニス肘の治療を行っています。 

ご興味お持ちいただいた方はチャンネル登録もよろしくお願いいたします。

テニス肘治療

テニス肘の分析

 テニス肘の治療法には、鍼灸治療・整体療法・テーピング治療・運動療法があります。
軽度から中等度:整体療法・テーピング療法・運動療法

中等度から重度:鍼灸治療・テーピング治療

テニス肘の予防には、テーピング療法を行っています。

 テニス肘の原因は、『筋肉の問題による衝撃吸収能力の低下』『運動フォームの異常』『前腕部の筋力バランス異常』『関節運動の異常』の4つのパターンで起こります。テニス肘が発症している原因に合わせて最も最適な治療法を選択いたします。また、『このような治療が受けたい』というようなご希望がある場合にはご相談ください。

鍼灸治療ではトリガーポイント療法を中心に治療を行います。

 

テニス肘治療に当院を選択するメリット

.テニス肘の状態がわかります。
 テニス肘になってしまった原因やパターンをわかりやすく説明します。あなた自身のテニス肘のパターンが分かることによって、有効な治療法や無意味な治療法をあなた自身が判断できるようになります。

 

.最新の治療法
 当院は日本でトップクラスの治療経験を持つ治療院です。これまでの経験から考察し最新のより良い効果的な治療を受ける事ができます。

軽度の症状であればマニュアル的な方法で改善することが可能です。ですが、慢性化している症状や中等度以上の症状の場合にはあなたの身体の状態にあった治療を行うことが改善のためには必要です。例えばマッサージ。○○式等とついていても、身体の外部から刺激を加える圧力が違ったり施術者の手や足など行う場所が違うだけのことがほとんどで結果はどのマッサージと同じです。マッサージは肉体疲労の改善には役立つかもしれませんがテニス肘の改善目的では無効と考えられています。

 

.アフターフォローが充実
 テニス肘が使い過ぎによって発症した場合と筋肉のバランスが悪いことにより発症した場合とでは当然対処法が異なります。当院では治療効果の維持とテニス肘の再発を防ぐため、一人一人にあった体操やトレーニングを提案しております。

 

.全て国家資格所持者
 骨格の構造や運動障害などの基本的な知識を有した医療系国家資格所持者によるテニス肘治療を行っています。「そんなの当り前では?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、恥ずかしながら無資格で治療に類似する行為を行っている人がいるのが現状です。

ちなみに○○整体や○○カイロプラクティックなどはほとんどが無資格です。テニス肘をできるだけ早く改善したいと考え、治療を受けられるのであればやはり医学的な知識を有する国家資格所持者による治療をお勧めします。わかりにくい時に、国家資格の所持を確認することをお勧めします。

 

.世界に認められた実力

2012年8月21日
 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年7月
国連機関のWHF(World Human Facilty Community)から鍼灸スペシャリスト認定

 

トリガーポイント療法とは?

 トリガーポイントとは、筋肉の中に作られた筋肉の硬くなっている部分をいいます。

本来、筋肉は伸び縮みをして働いていますが、硬くなっているポイントでは筋肉が伸縮する事が出来ない状態となっています。これを改善する事によって筋肉本来の動きに改善し、また周辺組織への圧を減らすことによって痛みを解消します。

なぜトリガーポイントができるのか?

 トリガーポイントが形成される代表的な理由をご紹介いたします。

・使い過ぎ(オーバーユース)

 筋肉を使うと、その筋肉内に微小な損傷が起こってしまいます。この微小な損傷が改善する前にその筋肉をまた使うと、損傷部分は悪化もしくは広がってしまいます。そうすると、身体の防御反射によって筋肉は縮んでしまい伸びなくなってしまいます。その結果、トリガーポイントが形成されます。

・血流不足

 筋肉に対する血流が悪い状態だと、筋肉は栄養障害となり収縮してしまいます。これが長期間続く事によって筋肉が伸びないようになってしまいます。その結果、トリガーポイントが形成されます。

・損傷部位の不適切な治療

 今現在の外傷ではなく、過去の外傷が治りきらずにトリガーポイントが形成されてしまいます。 以上3つが代表的なトリガーポイントの形成原因です。

トリガーポイントの特徴

 トリガーポイントには、押さえると違うところに痛みが響いたり(関連痛)、鍼灸治療を行うと無意識に筋肉がビクッと収縮したり(ローカルトゥイッチ:LTR)、交感神経の興奮反応である立毛筋の収縮や皮膚表面の色素沈着などが特徴があります。

トリガーポイントが形成させやすい場所

 テニス肘のトリガーポイントが出来やすいポイントは3か所あります。 トリガーポイントの部分を、軽く押すだけでも痛みがある事が多くあります。 筋肉でいえば、長橈側手根伸筋・短橈側手根伸筋・総指伸筋・回外筋・腕橈骨筋が主なテニス肘に関連するトリガーポイントを形成する筋肉です。

 

テニス肘治療料金

運動療法      1回  3300円
 テニス肘は筋肉の問題による場合と肘関節を中心に手関節や肩関節の運動範囲の減少による問題があります。その中でも関節の運動の可動域が減少している場合には運動療法が有効です。筋肉の問題が軽度な場合にも運動療法が有効です。
治療内容:肩関節から手関節の運動に関与する上肢の筋緊張を緩和し、その後に関節可動域の増大を目的に運動矯正を行います。

 

スポーツ鍼灸治療  1回  3300円

鍼灸治療

 テニス肘の経過が慢性的な場合やしばらく休養をとったにもかかわらずテニスを再開すると痛みが現れる、痛みの程度が強い場合には鍼灸治療が有効となります。
慢性的なテニス肘の場合には、肘関節周辺の筋肉の運動異常が認められることが多くあります。運動異常を解消するための治療を行い、協調運動をサポートする事で慢性的なテニス肘からの改善を目指します。
テニス肘の状況に合わせて、東洋医学的鍼灸治療・電気鍼・トリガーポイントの中で最適な方法を選択して治療を行います。症状に合わせて行いますのでご安心ください。
治療内容:肘関節周辺の筋肉に鍼灸治療を行います。

 

総合治療           1回  5500円
運動療法と鍼灸治療を同時に行い、骨格と筋肉の両方に治療を行います。
治療内容:運動療法・鍼灸治療を行います。

この他、症状に合わせてテーピング療法(別途1100円~2200円必要)も行っております。

※初診時には初診料が別途2200円必要です。
※この3種類の治療法からお選び頂けます。どの治療がいいのかわからない場合には御相談ください。
※院長希望の場合には別途1100円必要です。ご希望の場合には、ご予約の際お申し出ください。

 

 テニス肘関連動画

テニス肘のマッサージ

テニス肘のストレッチ法

テニス肘のテーピング

テニス肘治療Q&A

.テニス肘治療の治療内容は?
.当院でのテニス肘の治療は、鍼灸治療・テーピング治療・AKA(関節運動学的アプローチ)・物理療法です。これらの治療法を組みあわせて行っていく事によってテニス肘の改善を目指します。治療法の決定は、症状に合わせて行います。ご安心ください。

 

.テニス肘の治療期間は?
.症状によって治療期間は様々です。ただし、治療初期では週に1~2回の治療間隔が基本となっています。

 

.テニス肘の治療は予約が必要ですか?
.当院は完全予約制で治療を行っています。ご来院の際には、お電話にてご予約の上ご来院いただいております。

 

.テニス肘の症状は1回で改善されるの?
.テニス肘の発症は慢性的な経過を持って起こってきます。1回目の治療でも症状は軽減することはありますが、完全に改善されるまでは少なくとも2~3カ月の期間がかかることが多くあります。また、症状が出ていた期間が長ければ長い程、改善にもお時間がかかります。

 

.家が遠方で通うことができません。治療院を選ぶときに気を付けることはありますか?
.必ず必要なことはテニス肘の知識がある先生の治療を受けることです。初診の時に、テニス肘の状況説明がないような場合には注意が必要です。無口なのか?知識がないのか?
その他、高齢者が多く来院しているような治療院も要注意です。高齢者の対症療法と根本治療は全く領域が違います。高齢者に好まれるということは慰安要素が強い施術所の可能性が高いです。

 

.テニス肘対策のベルトはどのようなときに使用するのですか?
.ベルトは痛みをごまかすためのものと考えるほうが無難です。ベルトを着用することで肘の状態が改善するというものではありません。

information

ロゴ

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。最寄駅は、西中島南方駅で徒歩2分、新大阪駅から徒歩10分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸・カイロプラクティックスペシャリスト認定を受けた治療院です。世界に認められた治療技術で症状改善をサポートいたします。

 プロの治療によって、安全・安心にテニス肘の症状改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

 ご予約はお電話・LINE・インターネットで承っております。

TEL:080-6224-4693

ネット予約

※インターネットによるご予約が分かりにくい方は、お気軽にご連絡ください。

上腕骨外側上顆炎

上腕骨外側上顆炎 上腕骨外側上顆炎はあまり聞きなれない疾患ですが、いわゆる「テニス肘」の事です。このように簡単な名称が付くぐらい頻度で発症する疾患で、特にテニスをしている方に多く発症することからテニス肘と呼ばれるようになりました。上腕骨外側…

デスクワークで肘の痛み

デスクワークで肘の痛み デスクワークをしている方で肘の痛みを感じることがあります。その際、病院に行ってみるとテニス肘・ゴルフ肘といった診断をされることも少なくありません。ですが、テニスもゴルフもしていないのに・・・といった、思い当たることが…

テニス肘チェック

テニス肘チェック 肘が痛いからテニス肘かな?と思っても、違ったらどうしよう・・と思われる方がおられます。確かにご自身での判断では違うこともあるため、医療機関に受診して確認していただくことが一番だと思います。ですが、なかなかすぐに受診できない…

肘の後ろの痛み

肘の後ろの痛み 肘の後ろ側に痛みが出ることがあります。その時に考えられる問題として、肘の滑液包炎です。滑液包とは、関節等の摩擦が起こりやすい場所に存在していて、中を滑液で満たした嚢状のものを指します。滑液包があるおかげで関節内での摩擦が軽減…

原因不明のテニス肘とその対策

原因不明のテニス肘 テニスをしているわけでもなく、何かした記憶もないのにテニス肘を発症されている方がおられます。原因不明のテニス肘の発症は何故起こるのか?についてご説明いたします。 原因不明のテニス肘の原因とは? テニス肘が何も原因なく起こっ…

テニス肘に関わる筋肉

テニス肘に関わる筋肉 テニス肘は医学的に言うと「上腕骨外側上顆炎」で、主に肘の外側の痛みを指します。肘の外側の骨の出っ張りには、その部分から手首や指先にかけて走行する筋肉が付いています。テニスやデスクワークのキーボードの入力などの動きによっ…

肘部管症候群

肘部管症候群 手にしびれを引き起こしてしまう疾患の一つに「肘部管症候群」があります。末梢神経の絞扼性障害の中でも比較的頻度が多い疾患です。日常生活の問題からの発生もありますが、スポーツをしている方であればフォームの問題によっても引き起こされ…

テニス肘を改善させるために重要な事

テニス肘を改善させるために重要な事 テニスをしている方に多く発症するため、肘外側の痛みをテニス肘と呼ばれます。肘に痛みが出てしまうとテニスはもちろんのこと、日常生活にも支障が出てしまう事があります。 テニス肘を改善させるために必要な事! まず…

テニス肘治療の考え方

テニス肘治療 『 テニス肘の原因から徹底改善』をモットーにテニス肘の治療を行っています。不調の原因を肘関節における解剖学・運動学的に分析し原因をみつけ、あなたの体に最適な安全性の高い治療を行います。 テニス肘の場合、『これぐらいは我慢できる』…

テニス肘とテニス環境

テニス肘とテニス環境 テニス肘になる原因として、様々な問題があります。まずはラケットの重さです。フォームの悪さ、身体の使い方によってテニス肘を招くこともありますが、ストリングのテンション、グリップの厚さ、コートの状況も考えてテニスをしていか…

テニス肘治療の流れ

テニス肘治療の流れ (1)問診票記入 ご来院いただきましたら、まず問診票にご記入いただきます。 問診票には、お分かりになる範囲でできるだけ詳しくご記入ください。正確な情報をいただければ、その分改善までの期間は早まります。 問診票のご記入で分かり…

荷物を持つと肘が痛い

荷物を持つとき肘が痛い 何か物を持った時に肘に痛みが出てしまうことがあります。もしこの時に、肘の外側に痛みが出る場合には上腕骨外側上顆炎(テニス肘)の可能性が考えられます。 上腕骨外側上顆炎(テニス肘) 上腕骨外側上顆炎は別名をテニス肘と言わ…

テニス肘に鍼灸治療がお勧めな理由

テニス肘に鍼灸治療を行う理由 テニス肘は、上腕骨外側上顆に何度も衝撃が繰り返し加わる事によって発生する疾患です。この衝撃を伝える組織が短橈側手根伸筋です。本来は短橈側手根伸筋が衝撃を吸収しているのですが、筋疲労がたまったり硬くなったりして衝…

テニスをしていなくてもテニス肘になります!

テニスをしてないけど、テニス肘と診断された・・・ テニスをしていて肘が痛くなったから「テニス肘」と言われていると思われていますが、そうではありません。テニス肘とはあだ名のようなもので、正式には「上腕骨外側上顆炎」と言います。これはテニスをさ…

テニス肘が発生する原因

テニス肘治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター 肘の外側に痛みが出た場合には、「テニス肘」と診断されることが多いです。テニス肘はテニスをしている方での発症が多かったため付けられた名前であって、正式には「上腕骨外側上顆炎」と言います。…

肘の構造

肘の構造 肘関節は上腕骨と橈骨、尺骨の3骨の間に生じた複関節で、肘の屈伸を行います。したがって分類状は1方向にのみ動かすことのできる1軸性の蝶番関節とみることができます。 肘関節を細分化すると、 ・上腕骨の下端にある上腕骨関節 ・尺骨の滑車切…

テニス肘の治療法

テニス肘の治療を行う大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。テニス肘を改善するための方法をご紹介しております。

テニス肘を改善するために

テニス肘対策 ・テニス肘が発症して痛みがあるけど休む事ができない ・できるだけ休まずテニスを続けたい このような場合には、テニス肘に対して適切な治療とセルフケアを行う事が重要です。それによってテニス肘からの回復力を高める事ができます。この時に…