大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区新大阪(西中島)の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

良導絡治療で体質改善:睡眠

良導絡治療について

良導絡治療で体質改善(睡眠)

 

 「良導絡(りょうどうらく)治療」は、あまり聞きなれない方が多いと思います。これは、中谷義雄博士が発見された方法で東洋医学と西洋医学を融合した考え方です。ある意味、鍼灸治療を科学的に考えたものと言えます。近年では、世界的に認められている治療法の一つとされています。

良導絡治療について

 方法は、良導絡機器(ノイロメーター)を使用して定められた両手足首の計測点(ツボ)を計測します。計測は、200μAという微弱な電気を計測点に流し、その数値の全体的な平均の中から異常がないか?あればそれはどこか?をグラフ化し、被測定者の自律神経の状況・さらには統計学的な問題点を探します。

 

睡眠の状態

 現代において、様々な身体の不調で悩まれている方がおられます。その中の一つに、「睡眠」があります。寝つきが悪い・途中で目が覚める・朝早くに目が覚めてしまう・熟睡できた気がしない等、人によってパターンはいくつかありますが、どれも非常に気になる症状です。しかし、睡眠が良くないといって病院へ行ったとしても、薬を処方されて終わってしまうことが多々あります。レントゲンやMRIなどの目に見えて異常が分からない限り、対処がしにくい内容でもあります。例えば、咳や体のどこかに痛みがあって寝れない・・というような場合には、それぞれの問題が解消すれば睡眠も自然と改善することが多いです。しかし、症候性ではなく睡眠が悪い状態が続くことは思っている以上にストレスを感じておられる方が非常に多いです。

 

良くない睡眠が引き起こすデメリット

良くない睡眠

 睡眠中は副交感神経が優位となり免疫が盛んに働いてくれる時間でもあります。そのため、睡眠レベルが低下することによって日常生活でのストレスはもちろんのこと、免疫に対しても問題を引き起こしてしまい東洋医学において重要と考えられる”自然治癒力”の低下が起こる可能性があります。免疫力が低下することで、風邪をひきやすくなったり、ちょっとした事で身体のだるさを感じるようになったりと身体にとってデメリットが引き起こされます。

 また、深い眠りが出来ていなかったり眠れない状況においては、日中の活動時に眠気が引き起こされてしまい活動に影響が及んでしまう事もあります

 

 このような時こそ良導絡において、自律神経のバランスはもちろんのこと東洋医学的な問題が無いかを確認することで症状の改善を目指します

 

睡眠の質を良くするために

 睡眠に問題が起こった時に、見直したい日常生活の問題があります。すぐ出来る対策を3つご紹介いたします。簡単なものを上げていますので、是非行ってみてください。

 

・直前までの光刺激を止める。

 寝る直前までスマートフォンやパソコンを触られていたり、テレビを見ていたりと光刺激を受け続けている場合には、睡眠レベルが下がってしまうことがあります。中には、ベッドに入ってからもスマートフォンを触っておられることもあるようです。寝る時間が近づいてきたら、出来るだけ光刺激を避けるようにしてください。

 

・運動をする。

セルフケア

 あまり動いていない日の方が眠りにくいと感じたことはないですか?身体の疲労を感じると眠りやすくなります。そのため、運動をして疲労を感じることも睡眠レベルを上げるための手段と言えます。また、自律神経の面でも運動をすることは効果的と考えられます。しかし、軽い散歩等では効果は得られません。出来るだけ心拍数が早くなるぐらいの動きをするようにしてください。

 

・日光を浴びる。

 日の光を浴びるとその後活性化するホルモンがあります。日光を浴びることで、その時間から10時間以降に睡眠を促すホルモンが分泌されるようになります。 例を挙げると、朝出勤して夜睡眠をとる方であれば、朝の出勤時間にしっかりと日を浴びておくことで夜の睡眠が促されやすくなります。

 

当院での良導絡治療

 当院では、自律神経失調症や不妊治療などの自律神経の関与が考えられる際に、良導絡を計測し今現在の身体の状況を把握することが必要となります。その他にも自律神経バランス測定を行い自律神経の状況についても検査をし状況を把握します。そして、それらの情報をもとに東洋医学的鍼灸治療によって体質改善を目指します。

当院が選ばれる3つの理由

理由その1

 当院では、医療系国家資格を持っている治療家が担当いたします。特に睡眠のように何か目に見えて原因が分かる問題ではない時こそ、未病を治すことを大切にしている東洋医学のように体質改善が必要だと考えます。西洋医学・東洋医学ともに学び、様々な角度からの視点で健康な身体作りをサポートいたします。

理由その2

 鍼灸治療を受けるとなると、どこが良いのか悩まれる方も多いのではないでしょうか?近年では、コンビニエンスストアよりも整骨院が多いと言われています。選択肢が多すぎる分、悩まれるのも仕方ありません。

 当院は、国連機関WHF(World Human Facility community)より鍼灸スペシャリスト認定をいただきました。当院が自信をもってオススメする鍼灸治療を受けてみませんか?

 

鍼灸スペシャリスト認定

 理由その3

  良導絡治療はどこででも受けられる訳ではありません。良導絡計測にはノイロメーターと言われる専用の機器が必要となります。当院ではもちろんその機器を保有し、実際の治療の際に使用しております。また、それ以外にも自律神経計測を行いバランスを確認していくこともあります。

自律神経バランス測定

 

当院での良導絡治療料金

鍼灸治療  5500~6600円

 

※初回は、初回検査料を含めた4400円が別途必要となります。

※院長希望の場合には、別途1100円必要となります。ご希望の方は、ご予約の際にお申し出ください。

 

information

ロゴ

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。最寄駅は、御堂筋線 西中島南方駅で徒歩2分、新大阪駅から徒歩10分、阪急 南方駅から徒歩1分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸・カイロプラクティックスペシャリスト認定を受けた治療院です。世界に認められた治療技術で症状改善をサポートいたします。

プロの治療によって、安全・安心に顎関節症の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

診療時間

 ご予約はお電話・LINE・インターネットで承っております。

TEL:080-6224-4693
ネット予約

世界に認められた実力で顎関節症の症状改善をサポートいたします。

アクセス


住所:大阪市淀川区西中島3丁目17-17
   竹田ビル別館3F (たこ焼き十八番さんのビル)

2021年初の強い寒波到来!

1月7日木曜日~週末にかけて、大阪も今年初の大寒波に覆われるようです。

 

大阪市淀川区の天気予報で8日(金)の最低気温はー3℃の予報となっております。

 

ここ数年、このような低温は記憶はないです。(私が忘れているだけかもしれませんが・・・)

 

これだけ寒い気温になると心配なのが冷えです。

 

東洋医学では冷えは物体を硬くし、動きを悪くすると考えます。

 

実際、寒い時には体に力が入って動きにくくなりますよね。イメージはそんな感じです。

 

この反応は寒くなればなるほど強く起こります。寒さに耐性のない大阪人にとっては、今週末の寒さはかなりつらいものになりそうです。

 

寒いときに特に力が入りやすい場所は身体の上部です。

 

・顎周辺:寒いときに顎がガクガク震えたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこまでいかなくても食いしばりをしてしまったり力が入りやすいので注意が必要です。特に顎関節症がある方はお気を付けください。

 

・首~肩

 首から肩も力が入りやすいですよね。寒い時には肩をすぼめている方は周りを見渡しても多くいらっしゃると思います。短時間であれば問題はありませんが、長時間続くとやはり問題になります。特に、胸郭出口症候群頚肩腕症候群などの症状がある方は冷え対策を徹底しましょう!

 

力が入らなくても症状が悪化しやすいのは神経痛です。三叉神経痛・坐骨神経痛は特に影響を受けやすい神経痛です。

 

この寒波で身体を壊さないように徹底した冷え対策をしましょう!

 

 

 

2021年 新年のご挨拶

昨年2020年は大変お世話になりました。

昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

2020年は約2000名という沢山の方々に対して疾病治療や健康増進の形で人生に携わることができ嬉しく思っております。

 

本年2021年も 沢山の方々に東洋医学治療を通して、症状改善や健康増進で喜んで笑顔になっていただけるように、治療スタッフ一同、日々精進してまいります。

東洋医学治療センターを2021年も宜しくお願い申し上げます。

皆様のご健勝と益々のご発展を心よりお祈り申し上げ、年頭の挨拶とさせて頂きます。

 

年始は本日1月4日月曜日から診療を行います。

 

東洋医学治療センター

  野村 繁樹