大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区新大阪(西中島南方)の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

ストレスによって誘発される顎関節症

顎関節症


顎関節症の発症のタイミングは人それぞれです。ですが、特に思い当たるきっかけがなく発症した場合には日常的に行っている癖が問題になっていることが考えられます。そのため、発症させる問題を引き起こした癖を直さずにいると症状を慢性化させてしまったり進行させてしまう恐れがあるため注意が必要です。

ストレスが関与する顎関節症

顎関節症は顎関節周辺の痛みや関節雑音といった症状をまとめた総称です。細かく何が原因かによって分類がされており、その中でもストレスが関与しているタイプが存在しています。

顎関節症の分類

まず、顎関節症はⅠ~Ⅴ型に分類されています。

・Ⅰ型顎関節症

顎関節を動かす際には、咀嚼筋をはじめ顎関節周辺の筋肉の働きが非常に重要となります。この時に働く筋肉が過緊張などの問題を起こした際に、顎関節症が発症してしまうことがあります。顎関節症初期にⅠ型顎関節症を発症し、その後進行していくとともに関節等の問題を引き起こしていくこともあります。

顎関節症のイラスト

・Ⅱ型顎関節症

外部からの強い衝撃(ぶつけた、転倒、頬杖等)を受けた結果、靭帯や関節包に損傷が起こり顎関節周辺に痛みや開口障害といった症状を引き起こしてしまう顎関節症です。炎症が起こるため非常に強い痛みが起こる事が多く、何もしなくても痛みが伴う場合もあります。

・Ⅲ型顎関節症

顎関節内には関節円板と言われるクッションが存在しております。その関節円板に問題が起こった場合の顎関節症がⅢ型顎関節症です。このタイプの顎関節症は、開口障害が現れた際に一定の部分からそれ以上大きく開けられなくなることが多いです。

・Ⅳ型顎関節症

顎関節症発症からの期間が長くなればなるほど、様々な組織でカバーし続けることが難しくなります。関節円板の位置に問題が生じた際には、骨と骨同士がこすれるようになってしまう為、骨の変形が引き起こされてしまいます。Ⅳ型顎関節症の場合の関節雑音は様々なタイプがありますが、ガリガリと石同士を擦り合わせるような音がする場合があります。

・Ⅴ型顎関節症

Ⅴ型顎関節症は、Ⅰ~Ⅳ型顎関節症で見られる関節等の変形や靭帯の損傷といった問題が無いにも関わらず痛みが出ている場合に当てはめられるタイプです。ここに「ストレスによって引き起こされている顎関節症」が分類されることがあります。

ストレスが原因となる理由

ストレスと顎関節症はあまり繋がりが無いように思わる方もいるかもしれません。ですが、「歯を食いしばって頑張れ」と表現されることがあるぐらい、ストレスがかかった際には行いやすい癖でもあります。そのため、ストレスから食いしばりが行われやすくなると顎関節周辺の筋肉に負担がかかり続けてしまい、その結果顎関節症の発症に繋がってしまうことが考えられます。

食いしばりだけではなく、ストレスを感じた際には全身に力が入りやすい傾向となります。首や肩は顎関節を動かす際にサポートをしてくれる場所ですが、ストレスによって首や肩といった部分にも力が入っていると顎関節の動きにも影響が出てしまう可能性もあります。

ストレス

ストレスを感じた時の注意点

何もきっかけがなく発症している顎関節症の場合には、日常生活での癖が影響し発症に繋がっている事が非常に多いです。ですが、ストレスを無くそうとしても簡単に出来る事ではありません。

セルフケア

気を付けていただきたいポイントは、ストレスを感じた時に食いしばりをしていないかを確認することです。ここで食いしばりの癖がついてしまうと、日常的になってしまう可能性があります。食いしばりは噛みしめるだけでなく、上下の歯が軽くでも接触していれば問題となります。癖は無くすように意識しなければ、顎関節症が慢性化してしまったりさらには進行してしまう危険性もあります。是非、一度確認し、もし行っているようであれば注意していきましょう。

そして、食いしばりをしていたなと感じた後には軽く周辺をマッサージしていただくことも効果的です。食いしばりをすることによって筋肉が硬くなってしまう為、一時的にでもマッサージをし血流を促進することも良いです。力んで行うとかえって良くないので、あくまでも軽い力で行うようにしてみてください。

良くないセルフケア

食いしばりを無くそうと努力されるときに、何かグッズに頼られることがあります。例えば、マウスピースのようにずっと噛んでおく物やガムを噛んで瞬間的にでも上下の歯を離すようにされる方もおられます。ですが、マウスピースの場合には上下の歯が離れていたとしてもマウスピースと接触しているため筋肉に負担がかかってしまいます。ガムの場合も一回一回噛む力が入るためこちらもかえって症状を悪化させるリスクがあります。ご注意ください。

どこを受診すれば良い?

ストレスが原因だったとしても、受診される場合には口腔外科もしくは鍼灸院がオススメです。先ほどからお伝えしているように食いしばりによる筋肉の緊張を治療することで症状の改善につながることがあります。そのため、普段から顎関節症をみておられる口腔外科に受診されるか、鍼灸治療・整体療法にて筋肉の緊張を和らげることを検討されてみてはいかがでしょうか?

診療時間

 ご予約はお電話・LINE・インターネットで承っております。

TEL:080-6224-4693

過敏性腸症候群の症状改善をサポート!

過敏性腸症候群

  • 大切な用事がある時におなかが痛くなる
  • 電車や会議、授業等トイレに行きにくい環境でトイレに行きたくくなる
  • 下痢や便秘を繰り返す
  • ガスが溜まってお腹が張る

上記の症状は過敏性腸症候群で認められやすい症状です。

トイレに行きにくい環境で腹痛を感じたり、トイレに行きたくなるため仕事や学業に問題が現れることも少なくない過敏性腸症候群。ストレスが関与している可能性が高い疾患として最近急増している疾患です。

過敏性腸症候群のタイプ

過敏性腸症候群は大きく下記の3つのタイプに分類されます。

  • 便秘型過敏性腸症候群
  • 下痢型過敏性腸症候群
  • ガス型過敏性腸症候群

便秘型過敏性腸症候群

便秘型過敏性腸症候群の特徴は便秘です。症状の程度は人によって異なり、緊張する環境になったら便秘になりやすい軽度から慢性的に便秘状態が継続する方もいらっしゃいます。

緊張する環境で便秘になりやすい程度の症状であれば経験したことがある方も多いのではないでしょうか?例えば、旅行に行くと便秘になる等も含まれます。見方を変えると、この程度であれば過敏性腸症候群の症状として考える必要はないのです。

ですが、慢性的に便秘が続く状態になるとお腹の張りや腹痛等が現れるようになり、日常生活に問題が現れるようになります。このような状態になれば過敏性腸症候群の治療を受ける方が良いでしょう。

下痢型過敏性腸症候群

緊張することがあると下痢をしてしまうのが下痢型過敏性腸症候群です。緊張状態が解消すると下痢も解消することが多く、再び同じような緊張状態になるとまた下痢をする症状を繰り返します。

下痢型のもう一つの特徴は、トイレに行って排便した後にも残便感(まだ残っている感覚)が続き、何度も何度もトイレに行くこともありますが、実際にトイレに行って排便しようとしてもできない、またはごく少量の排便という事がほとんどです。

さらにトイレがない環境、行けない環境に行くだけでも便意を感じ、そのような環境に行けなくなってしまう事もあります。

ガス型過敏性腸症候群

お腹にガスが溜まることでお腹が張って痛んだり、ガスが排出されることによる匂いが気になり、日常生活に問題が発生するのがガス型過敏性腸症候群です。このタイプは特に女性に多い特徴があります。

特に自然と漏れてしまったり我慢しきれず漏れてしまう事が問題となり外出ができなくなる方もいらっしゃいます。

ガス型は胃腸の状態を改善しようと、一般的な野菜食やヨーグルト摂取などで症状が悪化する傾向もあるので注意が必要です。

過敏性腸症候群が発症したら・・・

何科を受診する?

過敏性腸症候群が発症したらまずは内科を受診し腸に問題がないことを確認することが大切です。もし腸の構造に何らかの問題が見つかった場合には、その問題を解消することが第一選択になります。

内科の検査を受けても問題がないことが確認された場合には自律神経系の問題として過敏性腸症候群を考える必要があるでしょう。

そのため自律神経機能を測定することができる医療機関を受診すると良いでしょう。

セルフケア

過敏性腸症候群の原因にはストレスと生活習慣が関与すると考えられています。そのためストレスを遠ざけ正しい生活習慣を身に着けることが大切です。ですが、ストレスを遠ざけるということは現実的にむつかしいことが多く簡単にはいきません。

ここでは実行可能な対策をご紹介いたします。

ストレスに対する能力の向上

ストレスを避けたとしても、また別のストレスが加わることがほとんどです。そのためストレスに対する抵抗力を向上させることが重要となります。

ストレスに対する抵抗は神経伝達物質であるカテコールアミン(アドレナリンやノルアドレナリン、ドーパミン等)の分泌が関与します。そのためこれらの神経伝達物質が適切な量分泌されるようになれば、必然的にストレスに対する抵抗力は向上すると考えられています。

これらの神経伝達物質の分泌量は運動と関連しているため、適度な運動を行うことが重要です。

食生活の見直し

胃腸は食事と関係が深い臓器で、身体にとって有害なものや体質に合わない物の摂取が続くと過敏性腸症候群の発症リスクは高まってしまいます。特に下痢型とガス型の方は、症状が強まる食事を特定できるようであればその物質をやめることが重要です。

緊張性頭痛改善をサポートします!

緊張性頭痛


頭痛にも様々な種類があり、その中でも比較的発症頻度の高い筋緊張型頭痛をご紹介いたします。

筋緊張型頭痛とは?

筋緊張型頭痛とはその字の通り、筋肉の緊張によって引き起こされる頭痛です。元々肩こりをお持ちの方や顎関節症の方等は首や肩周辺の筋肉が過緊張の状態になっていることがあるため、それらの痛みとともに筋緊張型頭痛が発症してしまうことがあります。

緊張性頭痛の女性

筋緊張型頭痛の原因

筋肉が過緊張を起こすと、筋肉内を走行する血管が圧迫されてしまいます。これが首や肩周辺で起こると頭へ血液を供給する血管が圧迫されてしまい、それが頭痛を引き起こしてしまいます。

筋肉の緊張を引き起こす要因としては、不良姿勢や運動不足、食いしばりといった日常生活での癖が影響しています。食いしばりはストレスを感じた際に行いやすい癖でもあり、筋緊張型頭痛とストレスが関係するといわれる原因にもなります。

筋緊張型頭痛の症状

・頭が締め付けられるような痛み、鈍痛、頭が痛いと表現されることが多い。

・夕方から夜にかけて症状が現れやすい。

・両側頭部、後頭部に痛みが現れやすい。

・入浴をしたり首周辺を動かすことで痛みが落ち着くことがある。

・頭が振られるような動きや振動で痛みが悪化することがある。

以上のような症状が筋緊張型頭痛の際に現れやすいです。

筋緊張型頭痛が現れたら・・・

筋緊張型頭痛の症状が現れた時の対処法や治療開始時期、どこを受診すれば良いのかについてご紹介いたします。

セルフケア

筋緊張型頭痛が現れてしまった時にした方が良いセルフケア、また普段から気を付けた方が良いことをご紹介いたします。

・温める

筋肉の緊張によって血管が圧迫されることが大きな原因となるため、筋肉の緊張を改善させることが必要です。痛みが出ている部分や首肩周辺を温めることで血流が改善し、症状が緩和することがあります。濡らしたタオルをレンジで温め即席のホットタオルを用いても良いですし、ゆっくりと湯舟につかられることをオススメします。

・ストレッチや軽めの運動

筋肉の緊張は動かない事によって引き起こされてしまいます。ですので、普段から動きをつけておくことで筋肉の緊張を少しでも緩和していきましょう。

・姿勢の改善

猫背の方、スマートフォンやパソコンを見ることが多く下向きになる時間が長い方は、頭を支える為に必要以上に首の筋肉を使ってしまうことになります。そうなると、普段から常に首の筋肉が緊張してしまうため、限界がきたところで頭痛が引き起こされてしまいます。1時間に1回でも胸を張るような姿勢を意識して作るようにしてみてください。

・食いしばり注意

食いしばりをすることで顎周辺の筋肉はもちろんのこと、後頭部の筋肉にも緊張が引き起こされてしまいます。ですので、食いしばりをしていなかどうかは是非確認するようにしてください。特に顎関節症の症状がある方は要注意です。

筋緊張型頭痛の治療

頭痛が現れた際にすぐ「筋緊張型頭痛だ」と分かればいいのですが、万が一でもそうでないケースがあります。ですので、まずは脳内での問題が無いかどうかを確認していただくことをオススメします。頭痛外来で何も異常がないとされた場合に鍼灸治療や整体療法を検討し筋緊張型頭痛に対する治療を検討してみてください。