大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

股関節前側(足の付け根)の痛み

f:id:oosakatoyomedicine:20181216100505j:plain

股関節前側の痛み

 股関節の前側に痛みが出てくることがあります。この時に考えられる疾患に「グロインペイン」があります。あまり聞き馴染みのない疾患ですが、スポーツをされている方に多く発症していることもあります。

グロインペインとは

股関節前側の痛み

 グロインペインとは、鼠径部痛症候群と言われることもあります。グロインペインが発症すると股関節前面、鼠径部に痛みが起こります。特にサッカー選手に多く発症することがありますが、それ以外にもラグビー選手や陸上競技の方にもみられることがあります。発症の原因として、腸腰筋の柔軟性の低下が挙げられます。腸腰筋が硬さを作ると足を上げるような動作の際に恥骨と摩擦が起こり、その結果股関節前面、鼠径部に痛みが起こるようになります。ここに炎症が起こってしまうと押さえただけでも痛みが引き起こされてしまいます。

改善させるためには

 グロインペインが発症した場合には、正しいケアをしていく必要があります。例えば、運動後のアイシングです。特に熱感を持っているような場合やジンジンと痛みが続くような場合には、痛みが出ている場所を冷やすようにしてください。

 それ以外には、ストレッチやフォームの改善が必要となります。ストレッチでは腸腰筋を伸ばすようなストレッチ、それ以外にも周辺をしっかりとストレッチするようにしてください。フォームの改善については、特に反り腰になっていないかのチェックが必要です。

 

 グロインペインの場合には、長引いてしまうこともあります。その為、出来るだけ早期に治療を受け、必要なケアを行うようにしてください。

information

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。


 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定を受けた日本で唯一の治療院です。

 

 プロの治療によって、安全・安心にスポーツ障害からの改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間

受付時間
10:00~13:00 /
10:00~21:30 /

LINEからのご予約

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

 ご予約はお電話・LINE・インターネットで承っております。

TEL:080-6224-4693

ネット予約

※インターネットによるご予約が分かりにくい方は、お気軽にご連絡ください。

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

 

 世界に認められた実力でスポーツ障害による症状改善をサポートいたします。

アクセス

たこ焼き十八番さんのビル3F

グリーンのビルです。