大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

反り腰改善のポイント

f:id:oosakatoyomedicine:20181216100505j:plain

反り腰改善に必要な筋肉

 反り腰は腰痛の大きな原因となってしまうこともあり、スポーツをされている方であれば腰痛をはじめ股関節痛、坐骨神経痛の発症のきっかけになってしまうこともあります。その為、反り腰を指摘されたりご自身で気付いた時には、早期に改善しておく必要があります。今回は、反り腰改善のために鍛えるべきポイントをご紹介いたします。

反り腰改善のポイント

反り腰改善のポイント


 反り腰とは、腰椎が過剰に前弯している状態を指します。ですので、この過剰な前弯を抑えるために鍛える必要がある場所は下腹部です。簡単に言ってしまうと、前方に出て来てしまう腰椎を前の腹筋で抑えることで反り腰の改善に向かいます。ですが、おへそより上の上部の腹筋ではその役割を果たすことが出来ません。必要なのは、おへそより下部の腹筋です。下部の腹筋を鍛えるためのポイントは、足あげの腹筋です。上体を起こす腹筋では上部の腹筋のトレーニングになってしまい不十分です。もしくは、お腹をへこますように力を入れた時に、下腹部に力が入っているのであればそれでもいいです。

 また、太もも前面の筋肉の張りが出てしまうと反り腰の助長に繋がってしまうこともあります。ですので、太もも前面のトレーニングに注意と、出来るだけストレッチをして張りを残さないように気を付けてください。

 

 スポーツをはじめ、日常生活にも影響を出してしまう反り腰は、知らない間に作られていることが多いです。姿勢を意識するあまり反り腰になっているような方もおられます。まずは、日常の中で意識出来る事から始めましょう。

 

information

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。


 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定を受けた日本で唯一の治療院です。

 

 プロの治療によって、安全・安心にスポーツ障害からの改善をサポートします。
 西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間

受付時間
10:00~13:00 /
10:00~21:30 /

LINEからのご予約

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

 ご予約はお電話・LINE・インターネットで承っております。

TEL:080-6224-4693

ネット予約

※インターネットによるご予約が分かりにくい方は、お気軽にご連絡ください。

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

 

 世界に認められた実力でスポーツ障害による症状改善をサポートいたします。

アクセス

たこ焼き十八番さんのビル3F

グリーンのビルです。