大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

膝の成長痛:オスグッド病

f:id:oosakatoyomedicine:20150811114458j:plain

子供が膝に痛みを感じることがあります。 これには、外傷によるものや成長時の痛み、腫瘍性の痛み、その他様々な原因で痛みが現れます。

その中でオスグッドといって成長に伴う膝の痛みについてご紹介いたします。 これは、1年間に身長が5cm以上伸びた場合に多くみられます。膝の成長痛が発生する理由は、太ももの骨(大腿骨)と太ももの筋肉(大腿四頭筋)の成長速度の違いにあり、骨の成長速度が筋肉の成長速度より早いことから起こります。

具体的な状況は、骨はどんどん成長し長くなります。ですが、筋肉の成長が追いつきません。その結果、大腿四頭筋が脛骨(けいこつ:膝の下にある下腿骨)を引っ張ってしまい骨膜に炎症が起こり痛みが発症します。膝の成長痛は、大腿四頭筋の筋力が強いほど強まる傾向があります。

 

膝の成長痛が起こったらどうする?

・痛みは脛骨粗面が引っ張られることによる炎症

・原因は大腿四頭筋が脛骨粗面を引っ張る事

上記2点に対処を行わなければなりません。

 

脛骨粗面で起こっている炎症に対しては冷やすことで炎症を和らげる事が重要です。身体を動かした後や体が温まった時には10~20分間冷やすようにしましょう。

 

問題は、オスグッド病の原因となる大腿四頭筋が脛骨粗面を引っ張る事です。筋肉の成長を早めることはできないため、引っ張る力を少しでも緩める目的で筋肉の柔軟性を向上させることが必要です。セルフケアとして行うことができるのはストレッチです。

 

運動する時には、テーピングで保護をして運動をするようにしましょう。 あまりにも痛みが強い場合には運動を中止することをお勧めします。

ご興味お持ちいただけましたらチャンネル登録もよろしくお願いいたします。

オスグッド病が発症してしまった方へ

 オスグッド病の治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。最寄り駅は新大阪駅で徒歩約10分です。2012年アメリカ合衆国GOLD AWARD、2015年国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定を受けた日本で唯一の治療院です。

・膝の成長痛はあるけど運動を続けたい!

・かなり強い膝の成長痛がある

・痛み止めやマッサージではなく本当の治療を受けたい。

このような方、ぜひ当院にお任せください!これまでの数多くの相談を受け東洋医学的治療によって、膝の痛みの改善と多くの笑顔を見てきた治療のプロにご相談ください。オスグッド病治療の経験からあなたの膝の状況に合った治療法を提案いたします。治療を行うのは鍼灸師の国家資格を所持する治療のプロです。プロの治療によって安心・安全にオスグッド病の改善をサポートいたします。

 

受付時間

受付時間
10:00~13:00 /
10:00~21:30 /

LINEからのご予約

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

 ご予約はお電話・LINE・インターネットで承っております。

TEL:080-6224-4693

ネット予約

※インターネットによるご予約が分かりにくい方は、お気軽にご連絡ください。

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力でオスグッド病の症状改善をサポートいたします。

アクセス

たこ焼き十八番さんのビル3F

グリーンのビルです。