大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

こんなケアにはご注意!

f:id:oosakatoyomedicine:20181216100505j:plain

こんなケアにはご注意!

 良いと思ってしているケアの方法が、実は良くない・・・なんてことがあります。良くなるためにしている事で、むしろ悪化してしまうことも少なくありません。今回は、特に多い注意点についてご紹介いたします。

マッサージ

マッサージ

 何か急に症状が出た時にマッサージに行ったり、もしくはご自身でマッサージをされることがあります。ですが、実は危険なケースがあります。万が一、炎症による痛みが出ているような場合や少しでも筋肉等の組織の損傷があった場合にマッサージを行うと、かえって炎症が悪化してしまうことがあります。また、痛みがあるところを無理に強く押さえることも危険です。お店で受けたとしても、中にはあんま・マッサージ・指圧師の資格をお持ちでない方が施術を行っている事もあります。

 痛みが出た場合には、強く揉んだり押したりのマッサージはリスクがあることを覚えておいてください。

冷やす・温める

 何かの急に症状が出た場合に、冷やした方が良い?温めた方が良い?と悩まれることがあります。突然強い痛みが出たなどの急性の場合には冷やした方が、慢性的にだるい重たい等の鈍痛がある場合には温めた方が良いことが多いです。急性の場合には炎症が起こり患部が腫れていたり、触ると熱を持っていることがわかることもあります。そのような場合には、こまめに冷やして炎症をなるべく早く抑えるようにしてみてください。

シップでアイシング

シップでアイシングに注意

”冷やす”となった時に、冷シップで冷やしていたとおっしゃる事があります。ですが、これはアイシングにはならない事が多いです。冷シップの表面はメンソレータムの成分が塗られている事があるため、一時的にスーっと冷たい感覚が引き起こされます。ですが、それはメンソレータムの成分で引き起こされているためアイシングとはまた違います。また、シップには痛みを感じにくくする成分が入っていることがあります。その為、無理をして動いてしまい、結果症状が長引いてしまう事も少なくありません。ですので、どうしても動かないといけない時にシップは使い、それ以外の時には氷や保冷剤で冷やすようにしてみてください。

 

information

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。


 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定を受けた日本で唯一の治療院です。

 

 プロの治療によって、安全・安心にスポーツ障害からの改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間

受付時間
10:00~13:00 /
10:00~21:30 /

LINEからのご予約

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

 ご予約はお電話・LINE・インターネットで承っております。

TEL:080-6224-4693

ネット予約

※インターネットによるご予約が分かりにくい方は、お気軽にご連絡ください。

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

 

 世界に認められた実力でシンスプリントでお困りの症状改善をサポートいたします。

アクセス

たこ焼き十八番さんのビル3F

グリーンのビルです。