大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区新大阪(西中島)の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

川西市は古田選手の出身地で野球が盛ん!

川西市は野球が盛ん

野球肩 野球肩とは? 特徴的な症状 治療法

野球肩の治療を行う大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。

サッカーに押され気味の野球ですが、川西市はまだまだ野球が盛んです。猪名川の河川敷も、土日は朝早くから野球の試合が行われています。健康的で素晴らしいなと感じています。

河川敷は体が冷えやすい

川西市や野球に限定される事ではありませんが、やはり河川敷は寒いです。特に冬は風が吹き抜けやすいので特に冷えます。運動を行う前にはしっかりとウォーミングアップをして体が温まり筋肉がほぐれた事が実感できる状態になってから運動を始めるようにすることでスポーツ障害の発生確率を少しでも下げることができます。

寒い時期や場所では野球肩の発生確率が高まる

ウォーミングアップが野球肩の予防につながる

野球は攻撃と守備が交互にあるスポーツです。そのため守備の間は体を動かしているので体は冷えにくいですが、攻撃の間は座っていることも多く体が冷えてしまいやすい傾向にあります。体が冷えている時に投球をすることで野球肩は発生しやすくなります。

野球肩はピッチャーのような投げ方だけではなく、野手投げでも発生することがあります。ピッチャーではないからと考えず野球をする全ての方が体が冷えて

いない状態で野球をするようにすることが理想的です。そうすることで野球肩で野球を中断することなく、継続して野球を楽しむことができます。

野球肩が発症しやすい状況と対策

野球肩による投球障害

野球肩が発症しやすい状況は冷えだけではありません。投球フォームの異常や筋肉のバランス異常、子供の場合には骨格による問題など様々な要因が関係します。さらに、これらの原因が単独で存在することもありますが、多くの場合で複合して野球肩が発症します。

 野球肩の発症原因に合わせて適切な対策を行うことが症状改善に必要です。

 ・投球フォームの異常

 投球フォームの異常によって野球肩が発症している場合には、投球フォームを改善するしかありません。投球フォームをビデオ撮影して見直す等の対策が重要です。

・筋肉のバランス異常

 筋肉のバランス異常によって野球肩が発症している場合には、バランスを修正する必要があります。外側の筋肉は関連しない事がほとんどで、肩の前側と後ろ側の筋肉のバランス異常が認められます。どちらが強いかは人によって異なるため専門家のチェックを受けることをお勧めします。

上記、投球フォーム異常と筋肉のバランス異常は投球をやめても野球肩が改善することはほとんどなく、しばらく投球を休んで再開した時にも痛みが発生することがほとんどです。そのため投球を継続しながら野球肩の改善を目指すことが理想的です。

 ・子供の骨格の問題

 子供の骨格の問題で発症した野球肩、いわゆるリトルリーグショルダーの場合は骨格の状況が改善するまで、投球動作を控える必要があります。特に硬式野球の場合にはボールも重く、子供の肩にとっては非常に強い負担がかかります。そのため骨端線の状況が安定するまでは、シャドーも含めて投球動作を控えることが重要です。

改善後の運動再開も筋力が低下している事、投球フォームが悪化している事を考慮して基本的なことを見直しながら、最初は軽めに徐々に強度を上げていくことが大切です。

 

 野球を楽しまれているすべての方が楽しく野球が続けられることを心よりお祈りいたします。

information

ロゴ

 大阪府大阪市淀川区西中島の東洋医学治療センターです。最寄駅は、御堂筋線 西中島南方駅で徒歩2分新大阪駅から徒歩10分阪急京都線の南方駅から徒歩1分です。川西市からは阪急宝塚線の十三駅で京都線に乗り換えて南方駅で降車ください。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD国連機関のWHFから鍼灸・カイロプラクティックスペシャリスト認定を受けた治療院です。

 ・投球時に肩に痛みがある

 ・ノースローを続けたのに野球肩の痛みが取れない

 ・山なりのボールしか投げられない

 ・野球肩の痛みが数日続くようになってきた

 ・野球を続けながら野球肩を改善したい

 ・痛み止めやマッサージではなく本当の治療を受けたい

など、野球肩による様々な症状に対応可能です!
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。

 ・筋肉の硬さが取れてボールが投げやすくなった!

 ・ある程度以上の強さのボールが投げられるようになった!

 ・投球を続けながら痛みが改善できた!

このように驚かれる方も多くいらっしゃいます。

鍼灸師 野村

 これまでの数多くの相談を受け東洋医学的治療によって、野球肩の改善と共に多くの笑顔を見てきた治療のプロにご相談ください。これまでの野球肩治療の経験からあなたの野球肩のタイプや肩周辺の状況に合った治療法を提案いたします。治療を行うのはスポーツ障害や肩だけではなく全身の構造や運動、野球肩のメカニズムを熟知した鍼灸師の国家資格をもつ治療のプロです。世界に認められたプロの治療技術で安全・安心に野球肩の症状改善をサポートいたします。

川西市からも投球障害やリトルリーグショルダーでお悩みの方が多くご来院いただいております。
もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間

受付時間
10:00~13:00 /
16:00~21:30 /

LINEからのご予約

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

 ご予約はお電話・LINE・インターネットで承っております。

TEL:080-6224-4693

ネット予約

※インターネットによるご予約が分かりにくい方は、お気軽にご連絡ください。

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

 

 世界に認められた実力で野球肩の症状改善をサポートいたします。

アクセス


住所:大阪市淀川区西中島3丁目17-17
   竹田ビル3F (たこ焼き十八番さんのビル)
TEL :080−6224−4693