大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区新大阪(西中島)の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

ランナー膝予防

ランナー膝治療TOP

ランナー膝予防

ランニングブームが始まって数年が経ちました。

走り出して数年のベテランランナーも増えてきています。

ベテランランナーになると、「タイムを伸ばしたい」と限界に挑戦する方も増えてきます。スポーツなので記録を狙うのはいい事です。ですが、良い記録を狙う時にランニングフォームが崩れてしまう方が多いのが現実です。

タイムを狙った走り方で特に問題となるのが、歩幅が広くなってしまう事です。歩幅が広いという事は、体が宙に浮いている時間が長く着地時に強い衝撃が体に加わることになります。これは短距離走や柔らかい路面で行えば大きな問題になる事は少ないですが、長距離ランナーが歩幅を広げて走ると、膝蓋靭帯炎や腸脛靭帯炎を中心とした膝のスポーツ障害、膝関節支持筋力の耐久力不足による半月板損傷や靭帯損傷などのリスクが高まります。

必ず適度な歩幅を維持しながら、足の回転を上げる事でタイムアップを狙うようにしましょう。回転速度を上げるにはふくらはぎ・大腿部の筋肉の強化を行う事が重要です。余裕がある場合には腸腰筋の筋力アップを行うと良いでしょう。

 

次に問題となるのが、長距離走って疲労がたまっている状況です。この状況になると身体が左右に揺れながら走っている方も増えます。揺れている基準となるのが、体の中心から左右に3センチ以上揺れている状況になると組織損傷のリスクが高まると考えられています。

 体が左右に揺れると、身体の外側の筋肉が無理をして支えるようになります。その結果、ランナー膝の中でも特に頻度が高い腸脛靭帯炎が発症するリスクが高まります。

左右に横揺れを起こす状況を予防するためには、足の筋力アップだけではなく腹筋や殿筋などの体幹の筋力アップも必要となります。

 

・歩幅を広げずに回転速度を上げる。

・走っている時に体が横に揺れないようにする。

 上記2点がケガをせずにタイムアップをするために重要な要素です。

良いタイムはよいフォームをクセづけてから狙うようにしましょう。

 

information

ロゴ

 大阪府大阪市淀川区西中島の東洋医学治療センターです。最寄駅は、御堂筋線 西中島南方駅で徒歩2分新大阪駅から徒歩10分阪急京都線の南方駅から徒歩1分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD国連機関のWHFから鍼灸・カイロプラクティックスペシャリスト認定を受けた治療院です。

鍼灸スペシャリスト認定

 ・走っていると膝が痛くなる

 ・膝の痛みが数日取れなくなってきた

 ・膝の痛みがどんどん悪化している

 ・痛み止めやサポーターではなく根本からの改善を目指したい

 ・ランナー膝の原因を把握したい

など、ランナー膝による様々な症状に対応可能です!
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。

 ・走っても痛みが現れなくなった!

 ・バランスの取れたランニングフォームが維持できるようになった!

このように驚かれる方も多くいらっしゃいます。

 これまでの数多くの相談を受け東洋医学的治療によって、ランナー膝の改善と多くの笑顔を見てきた治療のプロにご相談ください。これまでのランナー膝治療の経験からあなたのランナー膝のタイプや膝周辺の状況に合った治療法を提案いたします。治療を行うのは膝の構造や運動、ランナー膝を熟知した鍼灸師の国家資格をもつ治療のプロです。世界に認められたプロの治療技術で安全・安心にランナー膝の症状改善をサポートいたします。
 もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

 

診療時間

 ご予約はお電話・LINE・インターネットで承っております。

TEL:080-6224-4693
ネット予約

世界に認められた実力でランナー膝の症状改善をサポートいたします。

アクセス


住所:大阪市淀川区西中島3丁目17-17
   竹田ビル別館3F (たこ焼き十八番さんのビル)