大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

ランナー膝の方にチェックしていただきたい事

ランナー膝チェックリスト

ランナー膝の方にチェックしていただきたい事
ランナー膝 ジャンパー膝 腸脛靭帯炎 ランナー膝予防

 ランナー膝 ランナー膝治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。

ランナー膝の代表的な痛みの場所は膝の外側です。特に腸脛靭帯が炎症を起こし、痛みが発生している事があります。初期の症状としては、走り終わった後に痛みが出てきますが、そのまま繰り返しランニング等の運動を行っていると日常生活の中でも痛みが続いてしまうようになります。そうなってしまうと運動自体を中止していただくことになります。そして、その部分の治療を行って一時的に改善したとしても、どうして痛みが出たのか?という原因を改善していなければ、また痛みを繰り返し発症させてしまう危険性があります。

ランナー膝の方に確認していただきたいポイントは、「靴のかかとのすり減り方」です。運動中の靴もですが、普段履いている靴の踵も確認してみてください。この時踵が外側から減っているような場合には、歩いている時・走っている時の重心位置に乱れが起こっていることが考えられます。

重心が過度に外側に逃げてしまうことによって下半身全体の外側に地面からの衝撃がかかり続けます。それによって腸脛靭帯の腫れを引き起こす原因となってしまいます。

靴の踵の外側のすり減りが確認出来た場合には、重心位置の見直しをするとともに早期に靴を買い替え新しい物にしていただくことをお勧めいたします。

治療をしていく中でも必要ですが、今後ランナー膝を再発しないようにするためにも重要な問題です。今の痛みに対する治療も重要ですが、原因に対しての改善も行い再発も予防していきましょう!

当院では、ランナー膝に対して筋肉のバランス等の改善の為の鍼灸治療、整体療法等を用いて治療を行っております。また、必要に応じてテーピング療法をおこないバランスの修正も行います。基本的には運動を続けながらの改善を目指しております。しかし、場合によっては運動の中止をお願いすることもあります。

information

ロゴ

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。最寄駅は、西中島南方駅で徒歩2分、新大阪駅から徒歩10分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸・カイロプラクティックスペシャリスト認定を受けた治療院です。世界に認められた治療技術で症状改善をサポートいたします。

受付時間

受付時間
10:00~13:00 /
10:00~21:30 /

LINEからのご予約

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

 ご予約はお電話・LINE・インターネットで承っております。

TEL:080-6224-4693

ネット予約

※インターネットによるご予約が分かりにくい方は、お気軽にご連絡ください。

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

アクセス


住所:大阪市淀川区西中島3丁目17-17
   竹田ビル3F (たこ焼き十八番さんのビル)
TEL :080−6224−4693