大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区新大阪(西中島南方)の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

野球肩改善にインナーマッスルは鍛えた方が良い?

野球肩治療TOP

野球肩はインナーマッスルで改善する?

 

インナーマッスルとは?

野球肩でお悩みの方からよく聞く言葉に「インナーマッスル」があります。インナーマッスルが弱っているから鍛えた方が良い、インナーマッスルを鍛えて肩の力を強くする等、様々な場面で言われています。

では、実際にインナーマッスルとはどんな筋肉をさすのか?インナーマッスルの働きろは一体何なのか?が問題となります。インナーマッスルと考えられる筋肉は、肩だけではなく全身にある抗重力筋です。抗重力筋とは重力に対して抵抗する為の筋肉で、姿勢を保持するために働いている筋肉と言えます。

インナーマッスルは鍛えた方が良い?

上記でご説明した通り、インナーマッスルは抗重力筋です。抗重力筋が筋力低下を引き起こすという事は非常に考えにくいです。

そして、インナーマッスルは深層の筋肉と言われています。その深層の筋肉を動かそうとすると、その表面についている筋肉も確実に動いていることはお分かりだと思います。一緒に動いているはずなのに何故インナーマッスルだけ筋力低下が引き起こされてしまうのでしょうか?もし万が一インナーマッスルの筋力低下が起こっているのであれば、その表面にある筋肉も確実に弱っているはずです。しかし、その表面的な筋肉ではなくインナーマッスルばかり鍛えることに意味はあるのでしょうか?

また、抗重力筋と考えられるインナーマッスルは深層の筋肉と言えます。その筋肉まで鍛えようと思った時には、表面の筋肉での動きの限界までいってからしか刺激を加えることは難しいです。それまでの動きは全て表面的な筋肉への刺激となります。その為、インナーマッスルを鍛えているとおっしゃる方の動作を確認してみても、表面的な筋肉を鍛えている動きである場合も多いです。しかし、表面的な筋肉は無視されている為、バランスの崩れたトレーニングになってしまっていることがあります。

 

一時的に流行った「インナーマッスル」という言葉ですが、非常に都合よくつかわれている事があります。

実際の野球肩では、それ以外の筋肉のバランスやフォームの問題が影響している事が多いです。「インナーマッスルの筋力低下が原因」や「インナーマッスルを鍛えましょう」というような説明の場合には、ご注意ください。

 

information

ロゴ

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。最寄駅は、西中島南方駅で徒歩2分、新大阪駅から徒歩10分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸・カイロプラクティックスペシャリスト認定を受けた治療院です。世界に認められた治療技術で症状改善をサポートいたします。

鍼灸スペシャリスト認定

 

 ・塁間すらボールが届かなくなった・・・

 ・こんなに長く野球をやめていたのに治っていない・・・

 ・1イニングを投げるのが精いっぱい・・・

 ・投げた瞬間の激痛が怖い

 そんな時はぜひ大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお越しください! プロの治療によって、野球肩の症状もすっきり解消!

 ・強く投げられるようになってきた!

 ・野球を楽しめるようになった!

 ・運動を続けながら野球肩の痛みが改善した!

このように驚かれる方も多くいらっしゃいます。

 

これまでの数多くの相談を受け東洋医学的治療によって、野球肩の改善と多くの笑顔を見てきた治療のプロにご相談ください。これまでのスポーツ障害治療の経験からあなたの肩の状況に合った治療法を提案いたします。治療を行うのは肩の構造や運動を熟知した鍼灸師の国家資格を所持する治療のプロです。プロの治療によって安心・安全に野球肩の改善をサポートいたします。

 

あなたの症状に応じて、電気を使った治療器や、超音波治療器、スポーツ鍼灸治療、整体療法を行います。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。 できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

 

一緒に快適で楽しいスポーツライフを取り戻しましょう!

 

診療時間

 ご予約はお電話・LINE・インターネットで承っております。

TEL:080-6224-4693
ネット予約

世界に認められた実力で野球肩の症状改善をサポートいたします。

アクセス


住所:大阪市淀川区西中島3丁目17-17
   竹田ビル別館3F (たこ焼き十八番さんのビル)