大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

野球肩のトレーニング

f:id:oosakatoyomedicine:20181216100505j:plain

野球肩のトレーニング
野球肩 野球肩とは? 特徴的な症状 治療法

 野球肩の改善には、後々トレーニングが必要となることがあります。しかし、闇雲にトレーニングをしたら良いというわけではなく、極端なトレーニングによってバランスを崩したり硬さを作ってしまうことで肩を痛めてしまうリスクもあります。また、ケアを同時に行わないとかえって肩に負担がかかってしまうこともあります。

野球肩のトレーニング

野球

 まず野球肩になる理由の一つとして、肘が下がっている等のフォームの問題がある場合にはそれを治すことが必要となります。治療を行っていったとしても今までの肘が下がったフォーム等で投げ続けると負担がかかることに変わりなく、また痛みが出てくるリスクが考えられます。ですので、フォームを意識することが大切なのですが、この正しいフォームで投げることがトレーニングに繋がります。問題のある投げ方ではその動きに合わせた筋肉が強化され、正しいフォームに変えた時には今までの筋肉のバランスとは違う投げ方になります。しかし、正しいフォームでの動きに合った筋肉が必要となりますので、その動きをして筋肉を強化していくことが最も重要となります。欲しい筋肉は、正しい投球動作に合わせて動く筋肉です。それであれば、その動作をしていくことが一番重要と考えます。

 もし、何か別のトレーニングがしたい場合には、斜めの動きを意識したトレーニングが良いです。例えば、右肩の強化であればチューブ等を使って右斜め上から左斜め下に向けて動かすような動きや、逆に左斜め下から右斜め上に向けて動かすような動きです。投球動作を思い出して頂くとわかるのですが、垂直で動かすような動きや肘だけで動くような動きはありません。振り下ろすような動きなどの斜めの動きが入ることが特徴とも言えます。ですので、その動きを意識したトレーニングが必要と言えます。まずは軽めの負荷のチューブを使って行うようお気を付けください

 ただし、トレーニングの前後には必ずストレッチ、痛みが出ている場合にはアイシングを行うようにお気を付けください

 

information

ロゴ

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。最寄駅は、西中島南方駅で徒歩2分、新大阪駅から徒歩10分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸・カイロプラクティックスペシャリスト認定を受けた治療院です。世界に認められた治療技術で症状改善をサポートいたします。

 

 プロの治療によって、安全・安心に野球肩の改善をサポートします。
 西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間

受付時間
10:00~13:00 /
10:00~21:30 /

LINEからのご予約

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

 ご予約はお電話・LINE・インターネットで承っております。

TEL:080-6224-4693

ネット予約

※インターネットによるご予約が分かりにくい方は、お気軽にご連絡ください。

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

 

 世界に認められた実力でスポーツ障害による症状改善をサポートいたします。

アクセス


住所:大阪市淀川区西中島3丁目17-17
   竹田ビル3F (たこ焼き十八番さんのビル)
TEL :080−6224−4693