大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区新大阪(西中島)の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

日常生活の癖も影響します

f:id:oosakatoyomedicine:20181216100505j:plain

日常生活の癖も影響します
野球肩 野球肩とは? 特徴的な症状 治療法

 スポーツ障害になる時には、もちろんフォームなどの運動中の問題が影響していることが多いです。しかし、日常生活の癖や動作によって作られている負担によっても更に発症のリスクを高めてしまうことが考えられます。

日常生活の癖がスポーツ障害に影響する

 例えば、テニス肘。テニス肘は正式には上腕骨外側上顆炎と言い、テニスをされている方に多く発症するためその名前が付けられました。ですので、テニスの際の動きが問題となることが多いのですが、近年ではデスクワークからの影響を受けることがあります。テニスをしていなくてもテニス肘を発症させる程パソコンの操作は肘に影響を与えてしまいます。特にキーのストロークが深いようなキーボードの場合やクリックの動作が多い方は注意が必要です。テニスの際にどれだけストレッチをしていたとしても、デスクワークで日常的に肘の筋肉に負担をかける時間が長いとテニス肘の発症に繋がってしまいます。ですので、日常的に腕のストレッチをするなどの対策が重要となります。

日常生活の癖も影響します


 他には、野球肩に対しては日ごろからの姿勢の影響が及んでしまう事があります。日常的に猫背になってしまうことで肩関節周辺の筋肉に負担が生じるようになります。そうなると肩関節周辺の筋肉バランスが崩れてしまうため、投球動作に支障が出てしまうようになることも考えられます。

 

 日常生活での癖は、一日の中でも長い時間行っている可能性が高いです。それを毎日行うということは、それだけ筋肉のバランスを崩すきっかけを作っている可能性が考えられます。全てが悪いという訳ではありませんが、極端な癖の改善は必要になることがあります。そして、運動してるしていない関わらず日常的なストレッチを行う等して対策をしていただくこともスポーツ障害を予防する一つの手段となります。是非日頃の癖にも意識してみてください。

 

information

ロゴ

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。最寄駅は、西中島南方駅で徒歩2分、新大阪駅から徒歩10分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸・カイロプラクティックスペシャリスト認定を受けた治療院です。世界に認められた治療技術で症状改善をサポートいたします。

 

 プロの治療によって、安全・安心にスポーツ障害からの改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間

受付時間
10:00~13:00 /
10:00~21:30 /

LINEからのご予約

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

 ご予約はお電話・LINE・インターネットで承っております。

TEL:080-6224-4693

ネット予約

※インターネットによるご予約が分かりにくい方は、お気軽にご連絡ください。

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

 

 世界に認められた実力でスポーツ障害による症状改善をサポートいたします。

アクセス


住所:大阪市淀川区西中島3丁目17-17
   竹田ビル3F (たこ焼き十八番さんのビル)
TEL :080−6224−4693