大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区新大阪(西中島)の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

変形性膝関節症の治療は適切?

変形性膝関節症を改善させる筋トレ法

変形性膝関節症を改善させる筋トレ法

 

変形性膝関節症の痛み

変形性膝関節症を改善したいと考え様々な対策をされてます。

代表的なものが

・膝の潤滑液の注射(ヒアルロン酸注射)

・マッサージ

・シップや痛み止めの服用

・膝のサポーター

これらが代表的です。

それぞれの治療法について医学的に考察します。参考にしてください。

 

膝の潤滑液注射(ヒアルロン酸)

骨の成長はウォルフの応変率に従う

変形性膝関節症で痛みが現れた時に整形外科を受診するとヒアルロン酸注射をする目られる方が多いようです。

ここで1つお考えいただきたいことがあります。

あなたが改善したいことは変形性膝関節症ですよね?

この答えがYESの場合には、この方法で改善するとは考えられません。その理由は、変形性膝関節症は関節構造も問題がありますが、大腿骨や脛の骨の異常が延長線上の関節面に現れているだけです。関節内に注射を打ってもこれらの骨の状況が変わる事はありません。

 さらに現実に目を向けると、変形性膝関節症と診断されてこの注射を何年も打っている人がどれだけいるでしょうか?周りの目を配るとその多さに驚くほどでしょう。この現実から考えても効果があるとは言えないのではないでしょうか?

マッサージ

痛みの緩和目的にマッサージに通われている方も多いです。はっきりと言います。マッサージで変形性膝関節症が改善することはありません。

マッサージで改善が可能なのは、一時的に硬くなった筋肉を柔らかくすることによる血液循環の促進です。それ以外を求めることはできません。

もし硬くなった筋肉を柔らかくするだけで変形性膝関節症が改善するのであれば、そもそも変形性膝関節症に移行する人はほとんどいないでしょう。 

シップや痛み止めの服用

これに関しては解説する必要もないでしょう。これらは痛みを軽減するだけで変形性膝関節症に対する治療ではありません。

サポーターの装着

サポーターに関しては良いものと悪いものがあります。膝の形状や筋肉のバランスによって適切なものが変わるのでどれが良いかをここで解説することはできませんが、体の状況にあったものを装着して運動を行うことで適切な筋力アップが可能となります。

あなたの膝の状況にあったものを選択するようにしましょう。

注意が必要なことは、関節を絞めすぎない、固定力が強くなものを選択する方が良いでしょう。

nomuraseikotuin.hatenablog.com


information

ロゴ

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。最寄駅は、西中島駅で徒歩2分、新大阪駅から徒歩10分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸・カイロプラクティックスペシャリスト認定を受けた治療院です。世界に認められた治療技術で症状改善をサポートいたします。

鍼灸スペシャリスト認定

 

・本気で変形性膝関節症を改善したい!

・より強い膝を目指したい!

このような方は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお任せください!これまでの数多くの相談を受け東洋医学治療によって、変形性膝関節症の改善と多くの笑顔を見てきた治療のプロにご相談ください。これまでの治療経験からあなたの膝の状況に合った最良の治療法を提案いたします。治療を行うのは身体の構造や東洋医学を熟知した治療のプロです。プロの治療によって安心・安全に膝関節痛の改善をサポートいたします。

診療時間

 ご予約はお電話・LINE・インターネットで承っております。

TEL:080-6224-4693
ネット予約

世界に認められた実力で変形性膝関節症の症状改善をサポートいたします。

アクセス


住所:大阪市淀川区西中島3丁目17-17
   竹田ビル別館3F (たこ焼き十八番さんのビル)