大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区新大阪(西中島)の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

内反小趾発症のままの運動は危険

f:id:oosakatoyomedicine:20181216100505j:plain

内反小趾発症のままの運動は危険

 

 「内反小趾」とは、足の小指が親指側に向けてくの字状に曲がっていたり、それによって痛みやタコ・魚の目等が出来ている状態を指します。足の小指の症状ですが、それが発症しているまま運動すると違う部分の痛みを引き起こしてしまう可能性があります。今回は、内反小趾のまま運動することによって引き起こされるリスクをご紹介いたします。

内反小趾発症のままの運動は危険

内反小趾発症のままの運動は危険

 内反小趾が発症した時に、引き起こした原因として考えられることは靴の問題や重心位置異常です。合わない靴を履くことによって小趾側で靴との摩擦が起こり、その結果として内反小趾が発症してしまうことがあります。この場合には、「あの靴を履いた時かな」とある程度きっかけが分かることが多いです。

 靴の問題以外にも重心位置異常によって内反小趾が引き起こされてしまうこともあります。重心が本来乗っている位置から外れてしまうことによって、痛みや変形を引き起こすきっかけとなってしまいます。先ほど挙げた靴の影響によって発症してしまうこともありますが、その場合であれば足の親指側にも同様外反母趾の様な状態になることが多いです。小さい靴であれば小趾だけが靴と摩擦を起こすというよりも、母趾側も同じように圧迫されてしまうことが多いからです。しかし、重心位置に異常が起こっている場合には、小趾に体重がかかりすぎているとその影響で小趾の外側が靴とこすれてしまい炎症を起こしてしまうことがあります。また、小趾の外側で体重を支えようとするため、変形も引き起こされてしまう危険性が考えられます。ですので、内反小趾だけ発症した場合には特に重心位置異常が起こっていないかを確認することが重要となります。

引き起こされる危険性のある疾患

 では、何故内反小趾が発症したままの運動は身体にとって危険かというと、重心位置異常が起こっている状態での運動は足の小趾以外にどのように影響するかをご説明いたします。

 重心位置が正しくない状態で運動などの負荷をかけると、本来そこまで負担がかからない部分で身体を支えないといけなくなることがあります。その結果、その負荷に耐えきれなくなった際に痛みや問題が引き起こされてしまいます。例えば、足首の捻挫や膝の痛み、股関節痛、坐骨神経痛、腰痛と様々な問題が挙げられます。膝の問題で考えましょう。内反小趾によって小趾側に体重がのっていると、足全体の外側の筋肉に負担がかかるようになります。太ももの外側には腸脛靭帯が存在しており、ここに負担がかかり続けた結果腸脛靭帯炎が発症してしまう可能性が考えられます。

 もちろん重心位置異常だけが痛みの原因になるわけではありませんが、それも直しておかないと故障のリスクが常につきまといます。ですので、内反小趾が発症した場合には出来るだけ早期に解消されることをオススメいたします。

 

information

ロゴ

 大阪府大阪市淀川区西中島の東洋医学治療センターです。最寄駅は、御堂筋線 西中島南方駅で徒歩2分新大阪駅から徒歩10分阪急京都線の南方駅から徒歩1分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD国連機関のWHFから鍼灸・カイロプラクティックスペシャリスト認定を受けた治療院です。

鍼灸スペシャリスト認定

 ・足の指が痛くて長時間歩けない

 ・内反小趾の手術は受けたくない

 ・痛みなく好きな靴が履けるようになりたい

 ・内反小趾の角度が悪化している

 ・マッサージではなく根本的な治療を受けたい

など、内反小趾による様々な症状に対応可能です!
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。

 ・痛みがなくなって歩きやすくなった!

 ・内反小趾の角度がマシになってブーツが履けるようになった!

 ・足の疲労が溜まらなくなった!

このように驚かれる方も多くいらっしゃいます。

 これまでの数多くの相談を受け東洋医学的治療によって、内反小趾の症状改善と多くの笑顔を見てきた治療のプロにご相談ください。これまでの内反小趾治療の経験からあなたの内反小趾タイプや身体のバランス状況に合った治療法を提案いたします。治療を行うのは足の構造や運動、内反小趾を熟知した鍼灸師の国家資格をもつ治療のプロです。世界に認められたプロの治療技術で安全・安心に内反小趾の症状改善をサポートいたします。
もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

内反小趾は進行する疾患です。1日でも早い治療開始をお勧めします。

診療時間

 ご予約はお電話・LINE・インターネットで承っております。

TEL:080-6224-4693
ネット予約

世界に認められた実力で内反小趾の症状改善をサポートいたします。

アクセス


住所:大阪市淀川区西中島3丁目17-17
   竹田ビル別館3F (たこ焼き十八番さんのビル)