大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区新大阪(西中島)の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

健康保険適応疾患:腰痛

腰痛 椎間板ヘルニア 梨状筋症候群 仙腸関節炎

腰痛

 

鍼灸治療は自費治療で行われることが多いですが、実は健康保険を適応して治療を受けることもできます。

健康保険の適応で鍼灸治療を受けるには、健康保険の適応に指定された疾患である必要があります。今回は保険適応医療鍼灸の特定疾患である腰痛についてご紹介いたします。

腰痛

 腰痛は現代病と言われるほどお悩みの方が多い疾患です。腰痛は日常生活に関連して発症していることが多く、改善するためには日常生活を変えるしかないといわれているほどです。

 ですが現実問題として仕事で座っていることが多い方や無理な姿勢で仕事が強いられる方、疾患が原因で腰痛が発生している方などはこれらを変えることはほぼ不可能でしょう。

 このようなときの対処法として重要なのが日々のケアと体のバランス改善です。

慢性的な腰痛を解消するために

・ストレッチ

 ストレッチは腰回りの筋肉のストレッチだけではなく足・腰・背中とつながっている部分も同時に行うようにしましょう。

・治療

 腰痛の治療というとマッサージやシップを想起される方が多いですが、実これらの方法は腰痛の根本的な改善につながる方法ではありません。いわゆる対症療法です。

 シップは痛み止めの成分によって痛みを感じにくくするだけです。この効果もシップを使用し続けることによって弱まっていく傾向があります。

 マッサージに関しては表面的な筋肉を触っているだけです。いわゆるリラクゼーションや慰安行為レベルとお考え下さい。実際にマッサージに何年も通っているけど改善しないという方が多いのが現実です。腰痛が改善した後の予防には最適かもしれませんが・・・。

 腰痛を改善するためには腰痛の根本的な原因に目を向ける必要があるのです。腰痛の原因が内臓性の症例についてはここでの説明から省かせていただきます。

 腰痛の原因には骨・筋肉・神経の3種類があります。これらすべてに共通するのは体の深部で痛みが発生していることです。もちろん筋肉は体の表面近くにもあります。ですが、慢性的な腰痛につながるような場合には深部の筋肉の病変が関与することがほとんどです。

 このように体の深部に問題が起こっている時には、その深部に直接治療を行うことがベストです。これは想像にむつかしくないでしょう。その深部に直接治療ができる方法が手術と鍼灸治療です。手術となると適応も狭く、受ける患者さんも抵抗が強いでしょう。そうするとベストな方法は鍼灸治療となるのです。

 

鍼灸治療の理想的な治療間隔は?

慢性的な腰痛の場合には、治療開始初期は間隔を開けずに週に3回~4回が理想と考えられています。その理由は鍼治療によってせっかく筋肉を和らげたとしても、慢性的な腰痛を引き起こすだけの問題が腰にあるため、治療間隔をあけてしまうとすぐに戻ってしまう可能性があるためです。つまり治療開始初期は、筋肉を柔らかい状態に維持するために頻繁に治療を行った方が良いということになります。

 

血液循環促進作用

鍼治療には血液循環を改善する作用も認められています。この作用によって、腰部たまった疲労物質や発痛物質を流すことによっても腰痛の症状改善につながります。鍼によって深部治療を行うため、体の深部の血液循環の改善も期待できます。

 

鍼灸治療には痛み止めの効果もある?

鍼灸治療には痛みを和らげる効果があります。これは今のような麻酔の技術がなかった時代には、鍼麻酔と言われる手法を用いて歯を抜く時にも使われていたほどです。

 

まとめ

このように鍼治療は腰痛を改善するための数少ない有効な手段の一つです。”鍼治療は怖い”というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。ですが慢性的な腰痛を解消できる可能性がある手段として、是非とも選択肢の1つとしてお考えいただければもいます。

皆様の健やかな体作りをサポートします。

information

ロゴ

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。最寄駅は、西中島南方駅で徒歩2分、新大阪駅から徒歩10分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸・カイロプラクティックスペシャリスト認定を受けた治療院です。世界に認められた治療技術で症状改善をサポートいたします。

アクセス


住所:大阪市淀川区西中島3丁目17-17
   竹田ビル3F (たこ焼き十八番さんのビル)
TEL :080−6224−4693