大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区新大阪(西中島)の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

走っていると膝の外側に痛みが出る

ランナー膝治療TOP

走っていると膝の外側が痛い

 スポーツをされている方の中に、走っていると膝の外側に痛みが出てくることがあります。この場合には、「腸脛靭帯炎」の可能性が高いと考えられます。別名「ランナー膝」と言われることもあります。ランナー膝と言われているからといってランナーの方だけに発症するわけではありません。

腸脛靭帯とは?

膝の外側の痛み

 腸脛靭帯とは膝の外側に存在している靭帯で、骨盤を構成する腸骨から下腿にある脛骨に付いています。膝を曲げ伸ばしする際に、大腿骨外側上顆の後ろから前への前後移動が生じます。この時に摩擦が起こり炎症が発生してしまうことによって、膝の外側に痛みが引き起こされます。これが腸脛靭帯炎です。

腸脛靭帯炎の症状

・膝の外側に痛みが起こる。

・走っている後半から運動後に痛みが発生する。

・階段の下り、下り坂で痛みが強くなる。

 このような症状がよく言われる症状です。初期の場合には安静にしていると自然と痛みが治まりますが、進行すると日常生活の中でも痛みが発生してしまうことがあります。また、痛みが出るまでの時間も短くなり、長時間走ることが不可能になってしまいます。

ランナー膝の症状

 

 必要なことは、痛みが出た時にはアイシングをしていただくことです。炎症が起こっている場合にはアイシングをして炎症を抑えることが大切です。しかし、それだけでは繰り返し痛みが起こってしまう可能性が高いです。その為、根本的な原因を改善させることが必要となります。

 当院では、今現在の問題となる筋肉等のバランスを改善させるとともに、必要に応じて問題になる可能性のあるフォーム等の修正ポイントをお伝えいたします。

ご興味お持ちいただいた方はチャンネル登録もよろしくお願いいたします。

information

ロゴ

 大阪府大阪市淀川区西中島の東洋医学治療センターです。最寄駅は、御堂筋線 西中島南方駅で徒歩2分新大阪駅から徒歩10分阪急京都線の南方駅から徒歩1分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD国連機関のWHFから鍼灸・カイロプラクティックスペシャリスト認定を受けた治療院です。

 ・走っていると膝が痛くなる

 ・膝の痛みが数日取れなくなってきた

 ・膝の痛みがどんどん悪化している

 ・痛み止めやサポーターではなく根本からの改善を目指したい

 ・ランナー膝の原因を把握したい

など、ランナー膝による様々な症状に対応可能です!
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。

 ・走っても痛みが現れなくなった!

 ・バランスの取れたランニングフォームが維持できるようになった!

このように驚かれる方も多くいらっしゃいます。

 これまでの数多くの相談を受け東洋医学的治療によって、ランナー膝の改善と多くの笑顔を見てきた治療のプロにご相談ください。これまでのランナー膝治療の経験からあなたのランナー膝のタイプや膝周辺の状況に合った治療法を提案いたします。治療を行うのは膝の構造や運動、ランナー膝を熟知した鍼灸師の国家資格をもつ治療のプロです。世界に認められたプロの治療技術で安全・安心にランナー膝の症状改善をサポートいたします。
 もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

 

診療時間

 ご予約はお電話・LINE・インターネットで承っております。

TEL:080-6224-4693
ネット予約

世界に認められた実力でランナー膝の症状改善をサポートいたします。

アクセス


住所:大阪市淀川区西中島3丁目17-17
   竹田ビル別館3F (たこ焼き十八番さんのビル)