大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区新大阪(西中島)の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

顎関節症:咬筋

顎関節症治療TOP

顎関節症に関連のある筋肉:咬筋

 

 

 顎関節症に影響する筋肉の中に咀嚼筋があります。咀嚼筋は、側頭筋・外側翼突筋・内側翼突筋と咬筋の4つの筋肉を一つにまとめた総称です。これらの筋肉に問題が起こったり、バランスが崩れてしまうことによって顎関節症が引き起こされてしまうことがあります。このように筋肉に問題が起こることによって顎関節症が引き起こされた場合は、Ⅰ型顎関節症に分類されます。今回は、咀嚼筋の中の一つである咬筋についてご紹介いたします。

咬筋の説明

咬筋について

【起始】浅部:頬骨弓前部~中部に起こり斜め後下方へ、深部:頬骨弓の中部~後部とその内面から起こり垂直に下る

【停止】下顎の咬筋粗面

【主な働き】下顎骨を挙上させる

【支配神経】三叉神経第三枝(下顎神経)

 

 咬筋は、エラの部分に存在している大きな筋肉です。噛み締めた時には体表からも確認できるほど筋肉の隆起ができます。

咬筋に問題が起こると・・・

 咬筋は、咀嚼筋の中でも筋筋膜痛が起こりやすい場所となります。噛み締める時に使う筋肉ですので、食いしばり等の癖がある場合には痛みやだるさといった症状が出現しやすい場所です。例えば、食事の際にだんだんと顎がだるくなってくる、会話していると顎が疲れてきて話したくなくなる、といった症状が引き起こされることがあります。この時、顎周辺やエラ周辺に症状が出ているような場合には、咬筋の問題で起こるⅠ型顎関節症の可能性が非常に高いと考えられます。筋肉に問題が引き起こされる場合には痛みが現れることももちろんあるのですが、だるい・筋肉痛のような症状が起こることも多く認められます。

 そして、咬筋に問題が起こることによって歯の痛みのように感じられることがあります。場所的にも歯に近い位置に存在しているため、歯の痛みなのか?咬筋の痛みなのか?不明瞭なケースがあります。このような場合には、虫歯はないけれどなんとなく歯が痛いと感じておられることが多く、なかなか筋肉性の問題と気づかれないことがあります。虫歯でもないのに歯に痛みを感じる場合には、咬筋などのトリガーポイントを治療することで改善することもあります。

咬筋に問題が起こった場合のセルフケア

・マッサージ

 筋肉に問題が起こっている場合には、マッサージによって血液循環を改善することは効果的です。そのため、気になる部分に対してマッサージを行うようにしてみてください。ただし、強い力を入れるとかえって筋肉を傷めてしまうため、出来るだけ軽い力で行うかクリーム等をつけて滑らすようにマッサージを行ってください。

・冷やさない

 冬場やクーラーの環境下では、咬筋が冷やされてしまい血流障害が起こってしまうことが筋肉の状況を悪化させてしまうリスクがあります。そのため、寒い環境ではマスクをして保温するようにしていただくことも効果的です。顔面部はどうしても外気にさらされてしまう場所でもありますので、ご注意下さい。

・食いしばりをしていない?

食いしばりの癖

 咬筋は噛むときに使われる筋肉ですので、食いしばりで常に噛む力が働いていると過緊張状態になることがあります。そのため、日常的に食いしばりをしていないか?を確認することが非常に大切です。上下の歯が軽くでも接触しているような場合には、出来るだけ離すように心がけてください。

・片側で噛む癖はありませんか?

 食事の際に片側でよく噛む癖があると、左右の咬筋などの筋力バランスが崩れてしまいます。そうなると、筋肉性の問題や関節性の問題が引き起こされやすくなります。そのため、左右両方で噛むようにご注意ください

 当院の顎関節症治療

 当院では、顎関節症に対して鍼灸治療・整体療法を症状に合わせて選択し治療を行っております

顎関節症の鍼灸治療

 今回ご紹介しているような咬筋等の筋肉性の問題が確認できた場合には、鍼灸治療にて治療を行っております。鍼治療だけを選択するときもあれば、鍼治療に電気を流す鍼通電療法を行う場合もあります。

 関節性の問題が現れているような場合や再発を予防したい場合には、整体療法を選択することがあります。無理な圧をかけて行うような矯正方法ではありませんので、ご安心ください。

当院が選ばれる3つの理由

理由その1

  当院は、医療系国家資格を取得し10年以上の治療経験を持つスタッフが治療を担当しております。東洋医学だけでなく筋肉や骨格といった西洋医学についても学び、様々な症状に合わせて治療を行います。

理由その2

  治療を受けようと思っても、いざどこを受診すれば良いのか悩まれている方も多いのではないでしょうか。

 当院は、国連機関WHF(World Human Facility Community)より鍼灸スペシャリスト認定をいただきました。自信を持ってオススメする鍼灸治療で、顎関節症からの改善をサポートいたします。

鍼灸スペシャリスト認定

理由その3

  顎関節症の中でも初期に発症しやすいのが筋肉性の問題による顎関節症です。そのため、今回ご紹介しているような咬筋に問題起こった場合には、その後関節性の問題に進行することは多く認められています。当院では、それらの進行を抑えることや再発を予防することを考えて、一人一人の症状に合わせたアフターフォローも行っております。お悩みの方は、是非当院へご相談ください。

 

当院の顎関節症治療料金

・鍼灸治療  5500円

・整体療法  5500円

 

※初回のみ、初診料2200円が別途必要となります。

※院長希望の場合には、1100円が別途必要となります。ご希望の方は、ご予約の際にお申し出ください。

information

ロゴ

 大阪府大阪市淀川区西中島の東洋医学治療センターです。最寄駅は、御堂筋線 西中島南方駅で徒歩2分新大阪駅から徒歩10分阪急京都線の南方駅から徒歩1分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD国連機関のWHFから鍼灸・カイロプラクティックスペシャリスト認定を受けた治療院です。

 ・口が開きにくい

 ・口の開閉に伴って痛みがある

 ・話をしていると顎がだるくなって生活に支障がある

 ・顎関節症によって三叉神経痛が引き起こされた

 ・インプラントや歯列矯正によって顎関節周辺に問題があらわれた

 ・痛み止めやマウスピースではなく本当の治療を受けたい

など、顎関節症による様々な症状に対応可能です!
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。

 ・筋肉の硬さが取れて口が開きやすくなった!

 ・顎関節の痛みを気にせず生活ができている!

 ・口の開閉時の引っ掛かりがなくなった!

 ・オープンバイトが改善し普通に食事をすることができるようになった!

このように驚かれる方も多くいらっしゃいます。

 これまでの数多くの相談を受け東洋医学的治療によって、顎関節症の改善と多くの笑顔を見てきた治療のプロにご相談ください。これまでの顎関節症治療の経験からあなたの顎関節症のタイプや顎関節周辺の状況に合った治療法を提案いたします。治療を行うのは顎関節の構造や運動、顎関節症を熟知した鍼灸師の国家資格をもつ治療のプロです。世界に認められたプロの治療技術で安全・安心に顎関節症の症状改善をサポートいたします。
もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

顎関節症は進行する疾患です。1日でも早い治療開始をお勧めします。

診療時間

 ご予約はお電話・LINE・インターネットで承っております。

TEL:080-6224-4693
ネット予約

世界に認められた実力で顎関節症の症状改善をサポートいたします。

アクセス


住所:大阪市淀川区西中島3丁目17-17
   竹田ビル別館3F (たこ焼き十八番さんのビル)