大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区新大阪(西中島)の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

背中に鉄板が入っている

背中に鉄板が入っている

背中に鉄板が入っている

「背中に鉄板が入っている」

「○○さんの背中は私が触った中で5本の指に入る硬さ」

「肩甲骨の間に指が入らない」

これはマッサージ屋さんがあなたを頻繁に通わせるためのセリフの典型です。 私もこの業界に入った20年前には上記のようなセリフを患者さんに伝えるように指導されました。

今考えれば全く必要のない指導ですね・・・

でもこの言葉を伝えられた患者さん、なぜか「そうやろ~」と喜ばれる傾向がありました。硬いことは身体にとって問題があるのでよくないことなのですが、マッサージ屋さんに通われる方は固いことが自慢になるようです。

もしかするとマッサージを頻繁に受けることによって筋肉が損傷し、さらに筋肉が硬くなっている可能性があるとは思っていないでしょう。これは患者さんが求める筋肉を柔らかい状態にしたいというのとは真逆の結果です。

実際に背中に鉄板が入っているような自覚症状があり、体が動きにくい方の場合には適切な対処を行う必要があります。

身体が硬い=筋肉に柔軟性がない=損傷を起こしやすい状態になります。

 

ではどのような対策が良いのか?

それは身体を動かして筋肉に柔軟性を持たせることです。無理な運動は必要ありません。できるだけゆっくりと動かすような運動が良いでしょう。それを日々繰り返すことによって筋肉は柔軟性を取り戻すことができます。

行ってはいけないことは先ほども記載しましたがマッサージです。特に、長い、強いマッサージは筋肉を傷めるだけで百害あって一利なしです。マッサージ屋さんが背中に鉄板が入っているって伝えるのは、その方にできるだけ多く通ってほしいからです。決して治したいなんて感情はありません。

もし治したい!って本気で思っているのであれば、医学知識を深め違う手段をとるはずです。向上心があればの話ですが・・・・

 

自覚症状として体が硬い方は、まずご自身の運動状況を見直してください。さらに姿勢に気を付けて良い姿勢になれば筋肉に加わる負担が軽減するので背中の鉄板もなくなります。少しでも早く良い姿勢を手に入れたい方は姿勢矯正をお試しください。

information

ロゴ

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。最寄駅は、西中島南方駅で徒歩2分、新大阪駅から徒歩10分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸・カイロプラクティックスペシャリスト認定を受けた治療院です。世界に認められた治療技術で症状改善をサポートいたします。

受付時間

受付時間
10:00~13:00 /
10:00~21:30 /

LINEからのご予約

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

 ご予約はお電話・LINE・インターネットで承っております。

TEL:080-6224-4693

ネット予約

※インターネットによるご予約が分かりにくい方は、お気軽にご連絡ください。

 

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

アクセス


住所:大阪市淀川区西中島3丁目17-17
   竹田ビル3F (たこ焼き十八番さんのビル)
TEL :080−6224−4693