大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

顎関節症の鍼灸治療のメリット・デメリット

f:id:oosakatoyomedicine:20181216100505j:plain

鍼治療のメリット・デメリット
顎関節症 症状 整体療法 鍼灸治療 セルフケア

 顎関節症に対して鍼治療が効果的と言われても、どのように良いのか分からないという事もあると思います。また、初めての鍼治療は怖いしな・・・と鍼治療に対して良くないイメージを持たれている方もおられるのではないでしょうか?今回は、鍼治療のメリット・デメリットを両方ご紹介いたします。

鍼治療のメリット・デメリット

メリット

鍼治療のメリット・デメリット


筋肉性の顎関節症に対して効果的:鍼治療は筋肉を和らげる作用を持っています。その為、顎関節がだるい・重たい等の筋肉性によく見られる症状に対して効果的です。また、咀嚼筋が硬くなっている事によって食いしばりは余計に引き起こされやすい状況となります。癖の改善には意識が最も重要ですが、そのお手伝いとして筋肉を和らげることが可能となります。

血流改善:筋肉が硬くなってしまうことによって中を通る血管が圧迫されてしまい血液循環障害を引き起こすことがあります。鍼治療を行うことによって筋肉の硬さが取れると血液循環も改善されます。そして、その隙間を通るリンパ等も改善するため、治療後に顔がスッキリしたと実感されたり、指摘をされたと仰る事があります。

デメリット

関節には直接影響が出ない:鍼治療の目的は筋肉となります。関節に直接作用を及ぼすこは難しいため、関節円板障害のみの様な場合にはあまり効果が認められないことがあります。

内出血の可能性:鍼を使用するため、内出血の可能性はゼロではありません。特に顔面部は細かく血管が存在しているため内出血が起こってしまうことがあります。ですが、出来たとしても点のように小さい物が多く、アザのように数週間で消えるものです。女性の方であればコンシーラーで隠せるものとお考え下さい。

 

 今回は、メリット・デメリットをそれぞれ2つずつ挙げてみました。今後治療を検討されている方の参考になれば幸いです。

information

ロゴ

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。最寄駅は、西中島南方駅で徒歩2分、新大阪駅から徒歩10分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸・カイロプラクティックスペシャリスト認定を受けた治療院です。世界に認められた治療技術で症状改善をサポートいたします。

プロの治療によって、安全・安心に顎関節症の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

 

受付時間

受付時間
10:00~13:00 /
10:00~21:30 /

LINEからのご予約

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

 ご予約はお電話・LINE・インターネットで承っております。

TEL:080-6224-4693

ネット予約

※インターネットによるご予約が分かりにくい方は、お気軽にご連絡ください。

 

世界に認められた実力で顎関節症の症状改善をサポートいたします。

アクセス


住所:大阪市淀川区西中島3丁目17-17
   竹田ビル3F (たこ焼き十八番さんのビル)
TEL :080−6224−4693