大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区新大阪(西中島南方)の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

妊娠中の骨盤と産後の骨盤

f:id:oosakatoyomedicine:20181216100505j:plain

妊娠中の骨盤と産後の骨盤

妊娠中から産後にかけての骨盤の変化

 骨盤は、真ん中に逆三角形の形をした仙骨があり、左右の寛骨という骨の関節を形成して一個の大きな骨のように構成されています。妊娠中の骨盤は、仙骨と寛骨を結ぶ靭帯の弛緩と恥骨結合が弛緩されて、通常よりも可動域が広がります。これは妊娠4ケ月ぐらいから始まります。そして、妊娠約7~8ヶ月まで継続し、その後は緩んだ状態が継続されます。ですので、8カ月以降は骨盤の弛緩は終わり、その後はわずかに可動域が広がる程度と言われています。このように骨盤を弛緩させる働きをもたらすのは、「リラキシン」と呼ばれる妊娠時特有のホルモンと「エストロゲン」と呼ばれれる女性ホルモンの共同作用によると医学的に考えられています。

 妊娠後期には、出産に備えて骨盤底部にある恥骨結合部分が離開し始めます。この離開の程度は人それぞれで、左右方向と上下方向に起こります。医学的には平均5ミリ程度とされています。この離開の程度が大きくなると、産後に恥骨結合部に痛みが残ってしまう事もあります。

 

 正常な場合、妊娠によって緩んだ骨盤も産後3か月~6カ月前後で妊娠前の強さまで戻ります。この時期を過ぎても、妊娠前の状態に戻らないような場合には骨盤矯正を受ける事をお勧めします。ただし、理想としては産後1か月後ぐらいからの骨盤矯正です。そうすることで骨盤の開きが残る可能性が低下します。特に元々痛みが出ている方や骨盤の歪み・開きを気にされている方の場合には、産後1か月後から早々に矯正を始めてもいいかと思います。より効果を求めて産後1か月以内で骨盤矯正を検討される方もおられますが、その時期は骨盤周辺が不安定なため負担が大きくなってしまいます。ご注意ください。

 

 ご興味をお持ちいただけましたらチャンネル登録もよろしくお願いいたします。

www.youtube.com

information

ロゴ

 大阪府大阪市淀川区西中島の東洋医学治療センターです。最寄駅は、御堂筋線 西中島南方駅で徒歩2分新大阪駅から徒歩10分阪急京都線の南方駅から徒歩1分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD国連機関のWHFから鍼灸・カイロプラクティックスペシャリスト認定を受けた治療院です。

鍼灸スペシャリスト認定

 ・妊娠中に開いた骨盤をしっかり治したい!

 ・妊娠中からの腰痛を治したい!

 ・出産後すぐに骨盤ベルトを締めることができなかったので心配

このような方、ぜひ当院にお任せください!

 ・足の付け根の痛みが改善した!

 ・妊娠前のウエストに戻った!

 ・身体を動かしやすくなった!

このように驚かれる方も多くいらっしゃいます。

 これまでの数多くの相談を受け骨格矯正によって、身体のゆがみの改善とともに多くの笑顔を見てきた治療のプロにご相談ください。これまでのカイロプラクティック療法の経験からあなたの身体のバランスや動かし方の癖に合った治療法を提案いたします。治療を行うのは骨格だけではなく全身の構造や運動、東洋医学を熟知した鍼灸師の国家資格をもつ治療のプロです。世界に認められたプロの治療技術で安全・安心にきれいな骨格作りをサポートいたします。
もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。 

身体のバランスが悪い状態で固定される前に、1日でも早い治療開始をお勧めします。

診療時間

 ご予約はお電話・LINE・インターネットで承っております。

TEL:080-6224-4693
ネット予約

世界に認められた実力できれいな骨格作りをサポートいたします。

アクセス


住所:大阪市淀川区西中島3丁目17-17
   竹田ビル別館3F (たこ焼き十八番さんのビル)