大阪市淀川区の東洋医学治療センター

大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。鍼灸、整体で症状改善をサポートします。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

妊娠中の坐骨神経痛

f:id:oosakatoyomedicine:20181216100505j:plain

坐骨神経痛治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

 妊娠している時に、身体の様々な症状で悩まされる事があります。その中でも「坐骨神経痛」を発症してしまう方がおられます。しかし、妊娠中となると出来ることがなく、様子見で我慢されている方が非常に多いです。

妊娠中・産後に坐骨神経痛が起こる原因

 妊娠中はどんどんと骨盤が開いていきます。関節自体が緩んで開きを作っていくのですが、この時骨盤周辺の筋肉に柔軟性がなかったり筋力が弱かったりすると、関節の緩んだ骨盤を支えることが出来ず痛みを引き起こすようになってきます。坐骨神経は臀部で筋肉の間を通って表面に出てきて、そのまま足の方向に走行していきます。この時に筋肉の柔軟性が無ければ神経を圧迫してしまい、坐骨神経痛が発症してしまいます。また、妊娠中の身体はとても安定しにくいと言えます。その為、多くの方が腰を反らし、足先を外に向けて歩くことが増えていきます。ですが、足先が外に向けばその分お尻の筋肉に過緊張が起きやすくなってしまいます。その結果、殿筋の過緊張が引き起こされて坐骨神経痛の発症の手助けとなってしまいます。

 

 妊娠中の為、薬やシップの使用は極力避けた方が良いです。しかし、そうすると坐骨神経痛に対して出来ることがなく我慢するしかありません。ですが、坐骨神経痛は軽い痛みではないことが多いです。日常生活に支障が出てしまう事もあります。

 こんな時には、妊娠中にも受けていただくことが出来るマッサージや鍼治療が一つの選択肢です。妊娠中は身体に対して刺激量などの調整が必要なため、妊娠していない方と同じ治療をすることは難しい場合があります。ですが、考慮した治療を行う事は可能です。それによって症状が改善した方も実際におられます。

 出産後に坐骨神経痛が残った場合には出産1か月後からの骨盤矯正や坐骨神経の開放を目的とした鍼治療がお勧めです。

当院では、国家資格保持者が今までの経験をもとに妊娠中の坐骨神経痛の治療を行っております。妊娠中の坐骨神経痛にお悩みの方は、是非一度ご相談ください!

information

ロゴ

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。


 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

 

 プロの治療によって、安全・安心に神経痛の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間

受付時間
10:00~13:00 /
10:00~21:30 /

LINEからのご予約

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

 ご予約はお電話・LINE・インターネットで承っております。

TEL:080-6224-4693

ネット予約

※インターネットによるご予約が分かりにくい方は、お気軽にご連絡ください。

制作者 野村 繁樹
国家資格:柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

 

 世界に認められた実力で神経痛の症状改善をサポートいたします。

アクセス

たこ焼き十八番さんのビル3F

グリーンのビルです。